ゆずれない思い〜心の痛み〜

1/5
192人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ
今日は、朝から佑ちゃんの部屋の大掃除をしている。来年の春には海外赴任する予定の、婚約者の佑ちゃん(榊祐介)。 私が愛してやまない、唯一の男性。 なのになのに、佑ちゃんは…、私(駒井沙都)を置いて、サウジアラビアに一人で行こうとしている。 なんでサウジなんだ〜! 因みに最近は、国名が長いのでサウジと呼ぶようになった。 これがアメリカとかフランスとかなら、きっと連れて行くと言ってくれたはずなのに…。 サウジって戒律とかいろいろ大変だって、佑ちゃんが言っていた。慣れない土地での私の苦労を心配して、連れて行ってもらえない!らしい。 私は本棚の整理をしている佑ちゃんを、恨めしげに見上げた。 「佑ちゃん、この荷物どうするの?」 「あぁ、サウジには持って行かないよ。 向こうで全部準備するから、本当に身の回りのものだけ持って行くつもりだよ。」 「じゃ、これとかこれは?」 私が気に入って買った、キャラクターのぬいぐるみを見せると、佑ちゃんは、 「持って行かない。」 くっそー、思い出の品なのに〜! 私はチッと舌打ちをした。 そんな私の様子を見た佑ちゃんは、 「いい歳した男が、ぬいぐるみなんか持って行かないに決まってるだろ?ふっ、バカだな。」 と、鼻で笑った。 ムキーッ! そんな言い方、しなくてもいいじゃん! 「あぁ、そうですか!」 ボスッ! 私はゴミ箱に、ぬいぐるみを放り込んだ。 「待てっ!誰が捨てていいって言った?」 「はぁ?ぬいぐるみ捨てても問題ないでしょ? って、今言った!」
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!