小5

1/6
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ

小5

 彼と初めて会ったのは、小学5年の時。  病院の中庭、タブレットで動画を見ていると、彼が声を掛けてきた。 「何見てんの?」  私は目を眇めながら声の方を見上げる。  日陰のベンチに座った私と違い、彼は照りつける日差しの下にいた。健康的に日に焼けた浅黒い肌、親しみと好奇心で輝いていた顔。全てが私と正反対。住む世界が違う。私は一瞬でそのことを理解した。  だけど、そんなことに全く気付いていない彼は「何見てんの?」と明るいお日様のような声で再び問いかける。 「動画」 「へえーいいなぁ。俺も一緒に見ていい?」  返事をする間もなく、勝手に隣に座って覗き込んできた。私は仕方がなく彼にも見えるようにタブレットを寄せる。 「何これ?どっかの山?」 「高野山」 「どこそれ?」 「和歌山」 「ふーん…それで、この人山に登って何すんの?」 「何もしない。山に登って景色をリポートしたりするだけ」 「そんなのよりさ、もっと面白いの見ようよ!俺、化学実験とか動物の動画とか好きだぜ」 「そんなの興味ない。私はこれが見たいの。邪魔するなら向こうに行って」  冷たく言ったら彼は何処かに走って行った。分かっていたことだけど、やっぱり入院患者じゃなかった。  私は再び動画に目を落とす。だけど気が散って集中できない。  やっぱり夏休みは嫌い。知らない子供をたくさん見かける。病院で走り回るような場違いで元気な子供がたくさん来る。  タブレットの電源を落として部屋に戻ろうと立ち上がると、背中から声がした。 「動画見るのやめたのか?」  振り返ると彼がいた。額から汗を流し、汗で張り付いたTシャツの襟元を扇ぎ風を送っている。 「部屋に戻るの」 「部屋どこ?俺も行っていい?ここ暑くてさあ」  変なやつに懐かれた。最初、そう思っただけだった。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!