はじめに

1/1
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/32ページ

はじめに

皆様、ごきげんよう。 『時には昔の話を』支配人の冷泉小梅です。 この度は『時には昔の話を』の世界の扉を開けていただき、誠にありがとうございます。何らかの感情をもって開けた方にも、間違えて開けてしまった方にも楽しんでいただけるような作品を、お届けしていきます。 『時には昔の話を』には、文芸雑誌のしりとり的エッセイコーナーを一人でやってみたら……という作者の妄想が〝濃縮還元100%〟で詰まっております。ヒューマンドラマでもホラーでもない、くすっと笑っていただければそれでいい軽い話です。カップ麺の八割完成を待つ間のお供として読んでいただくのが 丁度良いかと。作者……否、支配人といたしましては、読んでいただけるだけでも跳ねるほどに嬉しく思います。拙い文章ではございますが、よろしくお願いいたします。 なお、誤字脱字等がありましたら、コメント欄でお知らせください。認識したら出来るだけすぐに修正いたします。 色々と綴って参りましたが、そろそろ次の扉を開けていただきましょう。 『時には昔の話を』の世界で、どうぞ、ごゆるりとお過ごし下さい。
/32ページ

最初のコメントを投稿しよう!