プロローグ

1/4
19人が本棚に入れています
本棚に追加
/84ページ

プロローグ

 どんな自分になりたいかなんて聞かれても困る。  将来の夢なんて私には決めることも出来ない。  十七年間しか生きていない高校生に、世の中の職業とか、未来の生活とか分かるわけないじゃん。  クラスメイトは、それをみんなの前で胸を張って発表したり、配られたA4用紙にそれっぽい字面でしたためたりする。  そして、先生は訳知り顔で頷く。  それって、どこか本物(ほんもの)じゃないよね? って気がするのだ。  満開の桜の木の下で、空に向かって右手を伸ばす。  春の光は幾重にも重なる花びらのベールを透過して、私の指をすり抜ける。  私は一体、どうなりたいのかなぁ? 何になりたいのかなぁ?  十七年間、私も私なりに、それとなく、普通に、中くらいには生きてきたつもりだった。  でも、未来はいつもあやふやだ。  赤くも白くもならない、ふわふわした桃色が宙に舞う。  いつもの通学路にある公園。四月の登校日初日。高校三年生の始業式。  昨日は春休み最後の日で入学式だったけれど、私は行っていない。  入学して、もう二年が経つんだなぁ。  「花の女子高生」だなんて言ったらちょっと古い感じがするけれど、中学生の時には女子高生っていう言葉はどこか憧れだったな、って思い出す。  今日、私、成瀬(なるせ)みずきは高校三年生になります。  春を吹き上げる一陣の風。  陽光の割にまだ肌寒い春風が、時折吹いてはいくつもの花びらを空にさらっていった。  気持ち良さそう。  私もさらわれたいな……なんてね。    空に舞った花びらは、どこまでも可能性を抱いたまま、その向こうへと飛んでいくのだろう。  ――本当にそう?   現実は違う。  現実の風は、公園の土かアスファルトへと、桃色の花びらを落としてしまう。  だけど信じたい。いつか空に舞う。希望は捨てなくてもいいんだって。  それって、でも、ファンタジーなのかな? 分かんないけど。  ちょっと朝からホッコリしようと、自動販売機のボタンを押して、財布のままICカードを当てる。  ガタリと音が鳴って、落ちてくる。温かいほうじ茶は好き。  素敵な桜だったから、少し早めに家を出た登校日の朝に、もう少しだけ眺めていたくなった。  ゆっくり桜の木を眺められそうな場所を探す。  木製のベンチが絶好の位置にあった。  でも、その長椅子にはネイビーのトレンチコートを羽織って膝の上に分厚い本を開いた先客。  ネイビーブルーのコートを羽織った男の子がその右端を陣取っていた。
/84ページ

最初のコメントを投稿しよう!