気になる

――故に見ちゃいけないのに見てしまう

10 202

ホラー 完結
1分 (560文字)
ホラーの定番

あらすじ

疲れに疲れた仕事帰り。 私は漫然と夜道を歩いていた。 気付けば前方から私の方へバケツを持った男が歩いてきた…… その正体はいかに。 ※この作品は「小説家になろう」「カクヨム」にて同作者名

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

夜道ですれ違う人が怖い、というのは怖いです。

普段はあまりホラーを読まないのですが、短編で読みやすかったです。 日常を切り取ったようなホラーな一コマの作品、こんな人とすれ違いたくないです・・・。
1件1件

ありそうで怖い

この話は、なんか怖い。自分にも起こりそうな感じがして、怖い。男のバケツに入っているものが何かわからないのも、怖い。 ホラーって想像力が怖さを呼び起こす、ということを、とても実感した作品でした。面白かっ
1件1件

この作者の作品

もっと見る