9 306

あらすじ

ある日の夕方、六歳の息子から電話がかかってきました。 「ここから出ていけ!」 そう言ってきた息子の声に私はドキリとして息をのみました。 いつもとはまるで違う息子の様子に、私は得体の知れ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません