おばあちゃんが霊能者をやめた訳

3/6
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ
「今日も上手くいったんだね」 「運が良かったのさ。あのご夫婦も良い人だったしね」  あのご夫婦、お父さんのお菓子を気に入ってくれたらしく、出したのと同じお菓子と他の干菓子などたくさん買って帰ってくれた。営業担当のお母さんは、嬉しそうに通販もしていることを伝えていた。  老舗といえば聞こえがいいが、少しお高いうちの店は、今の時代、なかなか経営が厳しいらしい。おばあちゃんのお客さんが常連になってくれて、随分助かっているんじゃないかと、私は密かに思っている。 「いつも思うんだけどさー、なんでおばあちゃん霊能者辞めたの?」 「もともと霊能者なんかじゃないよ」  そう言って、私が入れたお茶を啜る。  おばあちゃんには、霊能力がある。死んだ人を呼び出して、その人と話しをする能力。  おばあちゃんの所に来るお客さんは、突然亡くなったために、権利書や大事な書類が見付からない、金庫の番号が分からず開けられないなど困っている人と、亡くなった人とどうしても話がしたいという人の2種類いる。  今日のご夫婦は後者だと一目で分かった。  女性の隣には、小さい男の子がいた。その子の様子から、その子もお母さんに伝えたいことがあったように見えた。亡くなった人も伝えたいことがあると、向こうから話しかけてくれると前に聞いたことがある。 「ちゃんとお金貰って商売にしてもいいと思うんだけどなー」  霊能者じゃないと言いながら、年に数回、こうしたお客さんが来る。でもそのお客さんは知り合いか、知り合いの紹介のみ。だからか、お金は一切もらわない。 「私から見ても、おばあちゃんってすごいと思うよー」  私にも霊能力がある。小さい時から他の人に見えないものが見えた。おばあちゃんのように声を聞くのは得意じゃないけど、姿ははっきり見えて、時々生きている人と間違えるほどだ。 「今日の人だってさ、すごく喜んでたじゃん。人助けでお金もらっても、バチは当たらないと思うなー」  おばあちゃんがお金をもらわないことに、お母さんは少し不満を持っている。  まあその代わり、毎年のお中元とお歳暮はたくさんもらうし、うちの和菓子もよく買ってくれているから、損しているとは思わない。だけど、少しくらいお金をもらってもいいんじゃないかなと、私も思う。そして、いずれは私もこの見える力を使って商ば…もとい、人助けが出来ればと密かに思っているのだ。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!