こちら株式会社高尾山薬皇院福利厚生部

ここはもう一つの高尾山ーー

千冬

ファンタジー 連載中
2時間46分 (99,200文字)

4,722 5万

あらすじ

年間三百万人もの観光客が訪れるとも言われる観光名所ーー高尾山。 そこにはもう一つ、別の顔があった。 表紙:special thanks海月美兎様♪https://estar.jp/users/72

感想・レビュー 10

続きが楽しみで、楽しみで‥

昔は今みたいに登山道が舗装されてなくて 表(緩やか)と裏(険しい)道があった気がします。 お祭の花火の日に火の上を裸足で歩いたり、滝行したりする修行を見てて、なんとなく低学年の時は山伏=天狗みたいなイ

(´▽`;)ゞ

拗ねるのか~!Σ( ̄□ ̄;)まぁ確かに一人だけ入ってないってなると、除け者にされた様だもんね( ̄~ ̄;) どうご機嫌とりますかね~σ( ̄∇ ̄;)
1件

( *´艸`)

天狗の温泉ってやっぱり人界の温泉と違うの?ヾ(・д・`;)
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る