1. 弟がアイドルに!?

11/38
546人が本棚に入れています
本棚に追加
/228ページ
 自分の家に帰るだけなのに、メイクをしてバッチリ髪の毛まで巻いてきたのには理由がある。  ――『リュウちゃんってほんとに女の子みたいにかわいいわねえ』  記憶の中で最初にそう言ってたのは親戚のおばさんだった、確か。  私達が二人並ぶと大人たちはたいがい琉心の方を先に「かわいいい」と褒めた。  その後付け足しのように「二人ともかわいい」と。  琉心は男の子なのに私よりも目がパッチリしているし、唇もツンと尖っていて紅い。  キュッと吊り上がった猫目は視線が合うだけで、射抜かれたように感じる、強い瞳。  私ひとりを見れば「かわいい」と言ってくれる人だっているのに、琉心の前では決して私は先に褒められない。  小学校高学年になるにつれてそれは顕著になって、だんだん私は琉心と一緒にいるのが辛くなってきた。  だから中学からは琉心を避けるように寮のある女子校へ。  そしてそのまま高等部へと進学して今に至る。  弟から離れた私は、のびのびと女の子らしさに磨きをかけていっている……はず。 だから琉心の前で私は見せつけたかったんだと思う。  誰よりも女の子らしくて、可愛くなった自分を。
/228ページ

最初のコメントを投稿しよう!