1章 厄年バースデー

1/21
49人が本棚に入れています
本棚に追加
/106ページ

1章 厄年バースデー

三月三日。 今日は私の誕生日、ちなみに金曜日。 普通に仕事をこなして、五時半のチャイムが鳴り、私はバッグの中からケータイを取り出し、トップ画をみると、 メール:岡本雅樹 ごめん…今日は…… メールを全部見なくても、内容が始めの部分で全てわかってしまった。 今日は誕生日、ほんの少しの時間でいいから、一目でいいから会いたいとメールしていた返事。 相手は妻子持ちの彼。 でも、家庭内別居同然、愛情はないと言っていた。私もその言葉を信じて早半年。 未だに離婚はしていなくて、私からの誘いにはなかなか応じてくれない。 でも、相手からの誘いを断ると、しつこいくらい会いたいと言ってくるから、愛情があるのだと信じているけど、今日は私の誕生日だよ? 1、2分も会えないってどんな状況よ。
/106ページ

最初のコメントを投稿しよう!