覚えている快感

16/16
341人が本棚に入れています
本棚に追加
/83ページ
「はぁ?誰と?」 しまったという表情をしている雅人。 本当は聞きたくなかったんだと思う。 朝帰りの理由も本当は聞きたい、でも臆病で聞けない。 私もそう。雅人に聞きたいこと、言いたいこと、たくさんあるけど言えない。 私たち、いつの間にか本音が言えなくなって、駆け引きしている関係になってしまった。 「亮二とでかけてくる」 「あぁ、亮二か……」 自分の知っている男で安心している。 亮二と私には何も起こらないって安心しているようだ。 「二人きりだけど、何も思わないの?」 「いや、だって、亮二だよね?」 「亮二は……高校の頃から好きだったって言ってくれた」 「は?」 「デートしてほしいって言ってくれた。自分のことも男として考えてほしいって」 「雅人は……私のこと何だと思っているの?友達?お姉ちゃん?お母さん?」 「結婚しているから妻だろ!」 「……セックスの対象にもみてくれない、朝帰りしても心配してくれない……私のことを女として見てくれる人と一緒にいたいの」 「それが亮二だっていうのか」 「分からない。だから、これから考える。離婚してくれないのなら、身体の関係も持たない」 「好きな女を目の前にして、関係を持たない男がいるのかよ!」 「……いるじゃない、私の目の前に」 「それは……」 「違うね。私のことは好きじゃないから……か」 「愛莉!」 言いたいことは伝えた。 自分も傷ついたけど、少しはすっきりした。 私たち仮面夫婦には、もう戻れないもの。 これでいい。 これで私も、少しは前を向ける。
/83ページ

最初のコメントを投稿しよう!