油小路残照

藤田五郎が京都で遭遇した亡霊は……

夜宵氷雨

7分 (3,925文字)

5 54

あらすじ

新選組三番隊組長であった斎藤一は、明治に入り藤田五郎と名乗り、警視官の職にあった。職務で訪れた京都で出会ったのは…… ※「御蔭の宿」様主催アンソロ本『MAKOTO☆PIA3』(油小路事変)に、雪街神

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る