第3章 弔い

1/28
49人が本棚に入れています
本棚に追加
/435ページ

第3章 弔い

う──うぅ──うーー  人肌で温もる衾の内で貪る過去の夢から、月読丸は瞬時に覚醒した。  己に触れる順慶の身体が小刻みに震えている。  褥に両肘を付き頭を抱え、声を殺して泣いていた。 「殿……」  如何なさいましたか、など愚問である。  順慶の心情は既に月読丸に重なり、数日前から痛みを共有していたのだから。  月読丸は手を順慶の背に乗せ、側に寄り添い共に心で泣いた。 「情けなや──!」
/435ページ

最初のコメントを投稿しよう!