あとがき

1/1
163人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ

あとがき

<ルシフェルの種子>を読んでくださってありがとうございます。 とても短いお話でした。 毎日更新しても一週間足らず、15分程度で読めてしまう作品。 元々はブログに読み切り作品として書いたものに付け足した感じで遠峰先生とのエピソードを盛り込みました。 数年経って読み返してみるとなんだかなぁと思わず苦笑してしまう作品です。 書いた当時は至極真面目に、妄想赴くまま書いたのだろうと思いますが、時間が経つとよくもまぁこういう発想をしたなとある意味感心してしまいます。 昔の私と今の私、同じ人間でありながらも明らかに妄想の度合いが変わって来ているように思えます。 今、エブリスタで新作として書いている作品とは明らかに毛色が違いますからね(苦笑) でもそんな暗黒時代の私の作品でもいいよと云って読んでくださると嬉しいなと思います。 なんだかなぁとは思いますが、其れでも自分が生み出した作品ですから嫌いになんてなれません。 大切な私の一部だと思っていますから。 最後(ここ)まで読んでくださってありがとうございました! *烏海香月*
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!