狩り

1/11
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ
 私はこの冬に祖父から受け継いだシロビレ()をもって山にはいる。  深く雪に閉ざされる前の、吹雪だった。   「おめぇ! おんなが森さいくのか⁉」  こう祖父に言われたのが数年前、私はどうしても狩らなければならない相手がいる。  罠では不特定多数の獣を殺めてしまう可能性があり、シロビレを私は選んだ。  それから、仕事の合間を見つけては山の歩き方、体力、技術、自由な時間は全てこれに注ぎ込んでいる。  祖父も私の理由をきいて、渋々山に入ることを承諾してくたが、その年は男性陣は山に入らない。  シカリ()を務めた祖父の言葉だから、みんな従ってくれたのか、それとも私を純粋に応援してくれたのかわからない、けれどもすべてはこの僅かな期間にかかっていた。 「いいか? 危なくなったら帰ってくるんだ」 「えぇ、もちろん! 大丈夫、心配しないで」 「チエはせたぎ(一般の人)に戻れと、今から言っても遅いべが?」 「何をいまさら? 安心して、それにイタズ()は狩らないから」 「んだども……」  心配そうな瞳が私から離れない。  だから、今度は私から離れていく。 「さようなら! 絶対帰ってくるから安心して」  まだ、吹雪が落ち着いて間もない時間帯に私は一歩、その神聖な森へと入っていく。  
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!