もう一度

9/24
174人が本棚に入れています
本棚に追加
/53ページ
僕が幼少期の頃、母は近所の卸問屋で働いていた。 この卸問屋は社長がおじいちゃんで、その他の従業員は社長の身内の人がほとんどだった。 まあ、いわゆる「家族経営」「同族経営」というものである。 この社長のおじいちゃんは中村さんと言い…僕はずっと「中村のおじいちゃん」と呼んでいた。 小学校と家の中間地点にこの卸問屋があって、学校帰りに僕がたまに寄り道して母の職場に行くと、中村のおじいちゃんによく可愛がってもらった。 行く度に缶ジュースやスナック菓子をくれた。
/53ページ

最初のコメントを投稿しよう!