タイムリミットは4時間後

1/1
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ

タイムリミットは4時間後

「……う、うん?」  不意に僕の口からこぼれる声とともに、僕のまぶたは重い扉を開いた。カーテンの隙間から差し込む日差しが僕の瞳に差し込んでくる。目の前にあるのはいつものデスクと、いつものノートパソコン。昨日はサークルの忘年会で、それから徹夜で明日提出のレポートを完成させようとしていたのだが、どうやら酔っ払って机に突っ伏して寝落ちしてしまったらしい。そうだ。レポートを書かないといけないのだ。  と、ここまで記憶を巡らしたところで、何かが引っ掛かった。  え?明日提出のレポート???  昨日の段階で明日提出、ということは……まさか!  僕は慌ててスマホのカレンダーを開く。スケジュール帳に書かれていたのは、  民法総則レポート 提出期限 12月19日 14:00  の文字。そしてパソコンの画面右下の時計は現在、9時57分を示している。  そして目の前にある画面には1文字たりとも刻まれておらず、真っ白で綺麗な状態だ。そして与えられたレポートのテーマは 「無権代理行為と表見代理行為の法的性質について、判例を踏まえた考察」という、大学の授業をサボりまくっていた僕にはちんぷんかんぷんなもの。 「やばい!」  思わず僕は大声を上げた。タイムリミットはたったの4時間。僕の頭の中は目の前にあるWordの画面のように真っ白になった。
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!