田舎で惑う

唯の夜道で妨げられ、迷わされ――

6 96

ホラー 完結
2分 (1,178文字)
昔ながら

あらすじ

私が夏に両親と母方の実家に帰った時、夕方から夜にかけて家から田舎まで走っていると道路脇から老人と小さな子どもが揃って出てきた。 ゆっくり渡る2人を待っていたら…… ※この作品は「小説家になろう

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る