おかえり!

11/11
1389人が本棚に入れています
本棚に追加
/228ページ
ご、ご一緒? 俺と一臣も? まさか一臣からそんなことを言うとは思わなかったから、思わず驚く。 「そりゃあ、来てくれたら俺としては助かるよ。俺と涼也と奏の三人だけより、会話も弾むだろうし」 「だから俺は行かないって!」 「お前は来い! ほら、奏がもうあんな遠くまで行っちまった。行くぞ」 と、周先生が涼也君の腕を引っ張って歩いていく。 俺と一臣も、二人並んでその後ろを歩いてついていく。 「……何で一緒に行こうと思ったんだ?」 隣を歩く一臣に尋ねる。 ご飯に行くのは構わないのだけれど、理由を知りたかった。 すると。 「……今二人きりになったら、我慢出来なくて京ちゃんに何しちゃうか分からなかったから」 「え?」 「あはは」 「……あはは」 面白い冗談、ってことにしておこう。 ……それにしても。 初めての海外旅行で、〝世界は広い〟と確かに感じたはずなのに…… 何故、世界は広いのに世間は狭いのだろう。 (……まあ、いいか) これからは、一臣といつでもすぐに会えるんだ。 おかえり、一臣。 End
/228ページ

最初のコメントを投稿しよう!