俺の目覚め

1/3
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ

俺の目覚め

俺の目の前には頭を下げる一人の大人。年齢が俺より年上な奴が、必至に言葉を選び、謝罪をしてくる。 「っ、今回の幻獣討伐の件、誠に、申し訳ございませんでした。」 あぁ、俺の部下か。.....それで謝っているつもりか?馬鹿馬鹿しい。 「.....お前が謝るべき者はなんだ。上官か違うだろ民だ。だがもうその民はいない。お前のせいでな?それにどうせこれも上層部にもみ消される話だ。本当に良くやるよ。そうだなぁ、例えばこういう風に。.....おい、お前は何か勘違いしているようだ。『そんな事件、なにもなかったぞ?』とな。さっさと始末書を書いて業務に戻れ。」 部下とは面倒くさいものだ。人間を操るとは難しいからな。これもまた、俺の責任か。 ああ、下手に出世するものではないな。 ん?そんなことを考えている間に秘書と交代か。こんな立場なのに秘書とは。俺も偉くなったものだ。 俺はガタガタと椅子を鳴らし立つと扉に向かって歩き出した。と、部屋の中央あたり、特になにも置かれてない場所で、 「うおっ!?」 転びそうになる。.....少し視界がふらつくな。過労か?まあいつものこと、 ガタッ 「つっ...今のは少し、っあ!?」 突然の頭への鋭い痛みに、膝をつく。 『あれ、僕は誰?』 『ここは何処?誰だ?お前は...誰だ?』 そんな言葉が頭の中を飛び回る。 「っあ、ぐっ」 んん?は?...ここはどこ?いや、ここは、俺の、執務室。 「うぁ、あぁ」 なんでわかるの?ここは俺の職場、職場? あまりの頭痛に頭を抑える。 僕はまだ16なのに?あ、ああ?俺は?もう成人して、る? 「っぐ うぁ、あぁ」 いや、僕?私?()は?リュードレン(この)国の公爵家の?いや、僕は日本の平民? 違う。違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う。 全てが、違う。 ()は、誰だ? いや 僕は ここ、を 知って、 る? 「っああああああああああああああ」 「シェイキル様、どうかなされ、!?シェイキルさ、シェイ!?おいどうした!!シェイ!!おい!」 最後に記憶しているのは秘書、いや俺の友人の声。 そして俺の体を倒すまいとする友人の俺を支える感触だった。 頭痛は、自然と、消えていた。
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!