神社を走ったせいで

知らずに禁忌を侵していた

夏野 篠虫@再開時期未定

ホラー 完結
3分 (1,436文字)
こわ奇妙な話

13 467

あらすじ

俺の小学校はマンモス校で、毎年恒例のマラソン大会があった。 高学年限定の行事で、今でも必ず友達と話す事件があった。 それは俺が小6の時の事だった。 不思議強め。 ※この作品は「小説家にな

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る