バケモノと呼ばれた男

変わらぬモノは、バケモノだ。

水沢ながる

14分 (7,849文字)

12 304

あらすじ

江戸の世が終わりかけているある日。 村の少年・小弥太は、山に隠棲する一人の男と出会った。小弥太は男を剣の師匠と仰ぐが、男にはある秘密があった。 時代ものですが、時代考証とかについては多目に見て下さい

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る