震 天 動 地

1/30
354人が本棚に入れています
本棚に追加
/170ページ

震 天 動 地

 苦虫を噛み潰したような顔で「久我班部屋」に現れたのは、生安1係の近嵐係長──ではなく、久我班長その人だった。 「なんだ、珍しく仏頂面だな」  頬杖をついて、1本指でパソコンのキーボードをぽちぽち打っていた椎野が、目だけを久我に向けた。 「君ほどじゃないよ」  疲れたような足取りで自分のデスクに向かい、どさりと椅子に体を沈める。身長184センチ、体重79キロの巨体を受け止めた椅子が悲鳴を上げた。 「志馬君と明智君は?」 「志馬は街へ巡回に、明智は刑事課へ偵察に」 「すると刑事課に大きな桃が、どんぶらこっこー、どんぶらこー」 「ふざけてんのか」 「二人きりだね、椎野君」 「気持ち悪い言い方するんじゃねえよ」 「セクシーポーズで私を癒してくれないか」 「意味わかんねえ」 「ママ! ウィスキー、水割りで!」 「誰がテメエのママだ」  久我の妨害工作によって完全にやる気をなくした椎野は、書けた分の報告書(約150文字)を保存してパソコンをシャットダウンした。 「……で、ヤツは吐いたのか」  頬に当てていた手をこめかみへとずらし、更にだらけた格好になった椎野が、眠そうな目で久我に尋ねた。少し長めの漆黒の前髪が頬にかかり、透き通るような白い肌を際立たせている。 「おおお、いいねいいね、その悩ましい視線。ちょっとネクタイゆるめてみようか」 「なあ。そろそろ殴っていいか?」 「なんだ、付き合い悪いな」  久我が悲しげにため息をつく。
/170ページ

最初のコメントを投稿しよう!