食堂イベント幕開け!

10/10
266人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ
それに仕事もして寮も移れば唯一の友達、健介、悟、大河、宗一と離れてしまう。 特別寮には生徒会のメンバーや駿兄さんもいるからいいと思うかもしれないが、駿兄さんは従兄弟で年上だ。 前に聞いた時、風紀は結構忙しいからプライベートルームにいることが多いらしい。 よく分からないが。 同期は一応律くんと庶務様がいるがそれに関しては論外だ。 律くんとは会話だって交わすが、今の状況はあまり良くない気がする。 庶務様とは率直に言うと合わない。 たまに空気を読むが自由気ままでうるさいところがあまり好きではない。 節度を持って欲しいと思ってしまう。 初めてあった時伏原ゲームという物をした際に全問正解してしまい、付きまとわれたときは正直いい気分ではなかった。 生徒会には会長と会計がいる。 会長は高圧的な態度が苦手だし、正直会いたくもない。 会計は下半身クズと思っている。 それと前にあった時、何か嫌な感じがした。 え?生徒会にはもう一人いるよって? 書記様……千歌様はもう癒しよ癒し。 優しいし、性格良いし神。 友達になりたいとかは思わないが。 年上だし、生徒会と接触して何か言われるのも嬉しくない。 四皇という前代未聞の立場をもらい、親衛隊もいるという点ではきっと普通の人よりも反感は買わないが、だからといって他の役職持ちや先生と同等という訳では無い。 正直言うと僕なんておまけ程度だと思っている。 そんな僕が副委員長などになってしまうと何を言われるか分からないし、そのせいで駿兄さんの評価が落ちるなんて以ての外だ。 そんなふうに悶々と考えていたら頭も痛くなる。 だから考える事を放置してしまいがちなのが悪い癖なのは理解をしている。 あー頭が痛くなってきた。 少し寝よう。 お昼寝かお夕寝か知らないが、というかお夕寝って言葉自体があるか知らないが。 いつの間にか宗一が自室に帰っていたみたいだったが、その分ソファーが空いたのでそのまま倒れる。 ちゃんと……考える……か…… 瞼が落ちてくる。 それに抗うことなく目を閉じる。 ――そのまま爆睡してしまった空であった――
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!