第一章『脅迫状』

1/31
109人が本棚に入れています
本棚に追加
/85ページ

第一章『脅迫状』

・・・高二の夏・・・俺達にとって、忘れられない最高にヤバイ夏になった。 「ねぇ、レナのことで相談があるんだけど・・・」 マンガを読んでいたナオが顔を上げると、目の前にトモが立っている。 ここは、運動場の片隅にある桜の木の下。 春になると桜が満開に咲くのだが、夏休み間近のこの時期だと寂しいものである。 しかし、ちょうど日陰になる位置にあるので、ナオは結構気に入っている。 「レナがどうかしたのか?」 寝そべってマンガを読んでいたナオは、起き上がると制服に付いた泥をはらいながらトモに聞いた。 トモ、本名は外畑トモ。 ナオの実家、町下書店の隣にある外畑歯科の長女。 明るくて可愛らしく、クラスの男子からの人気も高い。 家が隣ということもあってナオとトモは幼い頃から仲が良く、小・中・高と一緒で、高校に入ってからはナオが入部したサッカー部のマネージャーもやっているので、お互いのことは何もかも分かっているような仲だ。
/85ページ

最初のコメントを投稿しよう!