いつでもみてる

1/41
39人が本棚に入れています
本棚に追加
/41ページ
たつき君のおうちにお邪魔してから、 わたし、元気になったと思う。 体の方はもうダメで、元気になれるはずもないから—— もちろん、これは気持ちの問題。 でも毎日が楽しくて、なんだか生まれ変わったみたいに生き生きとした気分になるの。 だって、仕方ないでしょう? 大好きな彼のアパートで、憧れだった同棲生活。 彼は相変わらず冷たくて、わたしのことを見てくれないし、 話しかけてもくれないけれど。 わたしはぴったり、あなたのそばに—— いつだってそばであなたを見てる。 たつき君、愛してる。 あなたのそばにいられることが、 わたしのなによりの幸せ。 *
/41ページ

最初のコメントを投稿しよう!