未来を語る化物

時代が価値観に与える影響は大きい

吉敷悠々

SF 完結
7分 (4,104文字)
ぜひ、感想を教えてください!

18 502

あらすじ

1945年10月、終戦後間もない混乱の中で、一人の女が「殺人幇助罪」で逮捕された。殺されたのは、これからの日本を担っていくはずだった、10人の少年たち……。 戦時下、女は夢の中で毎日「化物」と対峙し

目次 1エピソード

感想・レビュー 10

独特なセンスが爆発した作品

トピックから失礼します。 先程、読破しました。 文章がとても綺麗で、スラスラと読めました。 不気味な世界観で、楽しませて頂きました。 この世界を表現するには、独特なセンスが必要となってくるでしょう。そ
1件

独特の世界観

戦時中の世相の中、不気味なストーリーが進行する。 映画「帝都大戦」的な観念の世界を味わいました。
1件

凄い

ワールドに引き込まれます 描写が上手で羨ましいです
1件
もっと見る

この作者の作品

その他情報

公開日 2020/2/9