本編

1/1
27人が本棚に入れています
本棚に追加
/2ページ

本編

 君は、あの女と寝た事があるか? おそらく、あると答えれる人間はいないだろう。もし仮にいたとすれば、その男は奇跡の男だ。私には、はっきりとそう言い切れる。  あの女は、どこにでもいる普通の女だ。ただ、どこに住んでいて、どこに現れるのかは、分からない。もしかしたら、もうあなたの目の前に現れているかもしれない。だけど、それは私にはわからないし、どうする事もできない。彼女を目にしないと、あなたに注意することができない。だから、悪い事は言わない。怪しい女には、気をつけた方がいい。ただ、それだけは言える。それは何故か? 彼女は男を喰いものにするのだ。  ある人が言っていた。彼女は、本物だって。  女の存在を知ったのは、裕子という女に出会ったからだ。裕子とは、行きつけの飲み屋で知り合った。そこで何度か顔を合わせているうちに、仲良くなったのだ。   ある夜。私はいつものようにカウンターで飲んでいた。すると、あとから店にやって来た裕子が声をかけてきた。私は、彼女の誘いを受け入れた。そこで並んで飲み始めて、くだらないことをあれこれと話した。  それは店で飲み終わっても止まなかった。店を出て並んで帰っている時も、彼女は機嫌が良かったのか、さらに饒舌になっていった。そして何かしらの話の流れから、裕子は自らの思い出話を始めた。  彼女は、京都に生まれ、高校生までの18年間をその地で暮らした。それから東京の大学に入学して、一人暮らしを始めた。  その大学時代。若気の至りと言わんばかりの事があったらしい。  同じ学部で、たまたま仲が良くなった女の子と、良く食事に行く機会があったようで、そこにはもれなく、男達が付いてきていたようだ。それはその友人の友達ではなく、その友人目当てにナンパで寄ってきた男達だった。  裕子は自虐的に言っていた。私なんか相手にされない。男の目はその子ばかりだと。  裕子の容姿を見ても、決して悪いとは思わなかったが、裕子は私のそんな言葉を受け入れなかった。  彼女は話を止めずに続けた。  その友人は、寄って来た男達を追い払う事なく、いつも受け入れていた。慣れた手つきだったようだ。 「食事がタダになるんだから、むしろラッキーじゃない?」  いつもそう言っていたようだ。  そんなものかと思い、裕子もそれには納得した。それに、自分も食事代を払ってもらっていた立場だったので、下手な事は言えないと思ったようだ。しかし、裕子には引っかかる事があった。彼女は怖くないのかと。  ナンパとなれば、男達は食事をするだけを求めていない。求めているのは、その先だ。  食事が終わると、いつも言われる言葉があった。 「この後どうする?」  大体の男が、そう言い放っていた。それにはいつも友人はこう返した。 「私は、みんなに構ってほしいな」  その一言に、男達はいやらしい笑みに顔色を変えていた。そして、必ず友人は、一言添えた。 「だけど、この子は終電があるから帰してあげて。私がみんなの遊び相手になるから」  つまり、友人は裕子に気を使っていたのだ。  裕子は、それに対して嫉妬などはなかった。むしろ、それで良かったと思っていた。見知らぬ男と遊ぶ事に乗り気にならなかったからだ。それに、何をしでかしてくるかわからない。それはむしろ、ラッキーだと内生で呟いていた。  いつも友人がそう言うと、裕子は真っ直ぐ家に帰っていた。友人が男達と夜闇に消えて行く姿を見届けてながら。  しかしーー。  ある日、事態は起きた。裕子が大学から家に帰っている時、一人の男に声をかけられたのだ。 「ちょっと、いいか?」  声の主に目を向けると、その相手は先日食事をした男の一人だった。  裕子は怖くなった。この男が、何か企んでいる気がしたのだ。  しかし、それは間違いだと、すぐに分かった。男の顔は明らかに強張っていたのだ。  そんな男の顔を見た途端、裕子は身の危険は消えていた。 「どうしたんですか?」  裕子の問いに、男は急に周りを気にし始めた。 「今日はあの女と一緒じゃないのか?」  裕子は、それが友人である事をすぐに察した。 「今日は大学休んでだけど」 「そうか」  そう言って彼は、何も言わずに黙り込んでしまった。  その沈黙は、何かただ事じゃない雰囲気が漂っていた。  そんな沈黙に痺れを切らして、裕子は言った。 「どうかしたの?」  男は、溜飲を飲むように顔を歪めた。 「この話は、誰にも言わないって約束してくれ。特にあの女だけには、絶対に黙っていてほしい」  一体何が言いたいのか? 裕子には訳がわからなかった。その言葉の意味に、理解しようがなかった。  裕子は彼にその訳を聞こうとした。  しかし、その必要はなかった。彼の言い放った一言で、そんな疑問はまたどこがに飛んでいった。 「消えたんだ」 「消えた? 消えたってなにが?」 「いないんだ。あの夜以来、あいつがどこかに消えてしまったんだ」  彼が何を言っているのか、最初はよくわからなかった。だけど、話を聞いていると、掌に汗が滲んできた。 「あの食事の後、自分の身が縛りつけられていくような気分になったんだ。明くる日からあいつは大学に来なくなったんだ」  彼はそう言って話を始めた。  食事会の翌日。講義の前に、いつものように大学の喫煙スペースに行くと、そこにいつもいるはずの彼の友人の姿はなかった。おかしいな。二日酔いか? そんな疑問もあって、彼はすぐにメッセージを送った。だけど返事は、すぐには返って来なかった。  講義が始まっても、既読すらつかない。どういう事か訳がわからなかった。  もしかして、あの女とまだいい想いをしているのか? 彼の思考は、すぐにそう変換されていった。  そう思うと、心配なんか消えていった。自慢げに、営みの話をする友人の姿が浮かんできたのだ。  だが、その日は、返事はもちろん、既読もつかないまま一日を終えた。  そして、翌日。話は変わった。  朝早くに、彼の元に大学から連絡が入ってきたのだ。 「◯◯君知らない?」  事務の女性は不安そうな声で、そう問いかけてきた。彼は正直に知らないと答えた。 「◯◯君、家にも帰ってないみたいなの」  その事務の女性の言葉を聞いてから、戸惑いが生じてきた。  聞けば昨日の朝に、友人の母親は捜索願を出していた。つまり、あの夜に彼の友人は、女と過ごしてから、行方がわからなくなったという事になる。  それで、じっとしていられなかった彼は、こうして、裕子に会いに来た。 「だけど、どうしてあの子に内緒なの?」  裕子は彼に疑問をぶつけた。 「あとから思い返してみたんだけど、なんか怖かったんだ。帰る時にさ、あの女に、他から味わった事のない不気味なものを感じてさ。俺が酔ってただけかもしれないけど」  さらに詳しく話を聞くと、彼は疲れていたので、裕子が帰った後すぐに、自分も帰ると言って、二人と別れたそうだ。しかし、それを裕子の友人は強い力で引き留めたらしい。 「寂しいこと言わないの。一緒に遊ぼうよ」  そう言って自分に向けた目は、彼の心に強く印象に残っていた。少し、恐怖だったと。  しかし、彼の友人がその手を払ってくれた。彼は、それと同時に走って帰ったようだ。 「一応さ、君からあの女に連絡してくれないか? あいつの事知らないかって?」  そんな一言を残して、彼とはその場で別れた。  その夜。裕子は友人の彼女に連絡を入れた。しかし、電話は出なかった。だから、メッセージを入れておいた。すると、すぐに返事が返ってきた。 『どうしたの?』  すぐに裕子は、友人に返事をした。 『今日ね、この間食事した男の子の一人と話す機会があったの。それで、俺の友達知らないかって聞かれた。ほら、私が帰った後にすぐに帰った子。覚えてる? その子が私に会いに来て、聞いてきたの。◯◯と遊んでた男の子は家にも帰ってないらしくて、捜索願出されたみたい。何が知らないかな? あの夜一緒だったんでしょ?』  返事はすぐに返ってきた。そして、やりとりが続いた。 『えっそうなの? びっくりなんだけど』 『そうなの? なんか一緒にご飯に行っただけなのに、私怖くなってさ』 『でも、心配ないんじゃない? きっとどこかにいるよ』 『そうだといいんだけど。でも、捜索願出されてたら、◯◯の所に警察来るかもしれないね。それに私の所にも。その時はどうしたらいいのかな?』 『その時はその時だよ。素直に話せばいいんじゃない』  そんなやり取りをして、その日は終わった。しかし、その翌日に裕子の友人は連絡を寄越してきた。 『ごめん。私、裕子に嘘をついてた。実はね、私はあの人の居場所知ってたんだ。黙ってて本当に、ごめんね。裕子は知らない方がいいかもしれないと思ってさ』 「どういう事?」 「言えない」 「どうして? 警察が探してるんだよ。あの子の親だって心配してるみたいだし」 「でも、言えないなぁ」 「そんな呑気な事言ってないで教えて! それが嫌なら、あなたから直接警察に居場所を教えて上げて」 「じゃあ、私が本当の事を話しても誰にも言わない?」 「当たり前でしょ」 「約束だよ」  そこまで話した後、裕子は黙ってしまった。 「どうした? 顔色を悪いぞ」  裕子は俯いたまま、顔を上げなかった。表情を確認しようとしたが、髪ではっきりと見えない。すぐに肩を支えた。 「ねえ、どこかで休みませてくれません?」 「休むってどこで休むって言うんだ?」 「目の前にホテルがあるじゃないですか」  私は、そこを見上げた。確かにビジネスホテルがあった。話に夢中で、全く気が付かなかった。 「確かにあるけど、それより帰って休んだ方がいいんじゃないか? タクシー呼ぶから」  私がそう言った時だ。 「フッフッ」  裕子は笑った。その笑い声は、一瞬で恐怖感を漂わせた。 「あなたは大丈夫みたいね」 「はっ?」 「それね、本当は私」 「何が? お前大丈夫か? 飲み過ぎたんじゃないか?」 「だから、その女は私なの。裕子なの」 「お前、何を言ってるんだ?」 「私ね、その彼の事、吸い取っちゃったの」 「酔い過ぎだ。今タクシー呼ぶから、ちょっと待ってろ」  私は、支えてた手を離そうとした。しかし、裕子は力強く、腕を掴んできた。  その時、見たことのない裕子の表情を見てしまった。何かに取り憑かれて、狂ってしまったような目を」  動揺してしまった私に向かって、さらに裕子は、高い笑い声を放ちだした。 「私ね、本物の男吸いなの。気に入った男は吸い取るの。吸い取らないと気がすまないの。そうすると、とっても元気になるのよ。だから私、あなたの事もーー」  裕子がそう言いかけた時、私は思わず叫び上げていた。  全力で裕子を突き飛ばし、そのまま走って逃げたしていた。  あの時の彼女の目は正気じゃなかった。今まで見た事のない人間の目だった。  とにかく私は、裕子から逃げた。女が怖くて仕方なかった。  それから私は、裕子に会っていない。再会を恐れて、どこの店にも飲みにも行ってもいない。狙っていたなんて言われたら、そうなってしまうだろ?    数カ月後。  私は、あの飲み屋の店主と、顔を合わした。たまたま道で顔を合わせたのだ。 「久しぶりじゃない? 元気?」  店主は以前と変わらずに、声を掛けてくれた。私は、愛想笑いしか返せなかった。しばらく店に顔を出していないのはもちろん、裕子が怖くて店に行けなくなったなんて、嘘でも言えたもんじゃない。  しかし、店主は何もかもお見通しだった。 「あんたは立派みたいだったね」 「えっ?」 「こうして今も、ここにいるんだから」  店主は、知ってたというのか・・? 「何か、知ってるんですか?」  私は訊いた。 「ああ。勘付いているだろうけど、あの子は本物だよ」  あなたは、ナンパなんてしないほうがいいかもしれない。見知らぬ女に声を掛けない方がいいかもしれない。それは、された方も同じだ。その彼女はもしかしたら、あの女かもしれないから。
/2ページ

最初のコメントを投稿しよう!