prologue

1/1
4039人が本棚に入れています
本棚に追加
/368ページ

prologue

   祖父の代から続く由緒正しき白薔薇の洋館。  僕は……二十代で、この洋館の主となってしまった。  アーチ型の両開きの窓を大きく開け放つと、中庭に咲く白薔薇の花びらが夜風に舞い、二階までふわりとやってきた。  夜の空気はどこまでも澄んで冷たいのに、僕の躰はさっきからずっと火照っていた。  高揚しているのだ。  緊張しているのだ。  この先の扉を開くことに対して…… 「そこにいたのか」 「はい」  振り向けば、彼が優しい眼差しで立っていた。 「さぁこちらにおいで」  彼はまるでおとぎ話のように、僕に1本の美しい大輪の白薔薇を差し出した。  受け取ると、彼の誠実な気持ちが胸に刻まれ、永遠の愛を誓う口づけを交わすと、ふわっと抱きかかえられた。 「行こう、おれたちの出航だ!」  白薔薇の甘く華やかな香りが誘う、僕らだけのおとぎ話の始まりだ。  今、その扉を開く。    ふたりの力を合わせて──   3ec2b5bf-037a-4b0f-b94e-7b0201e325f1 プロローグの創作の紹介ナレーション動画を作っていただきました。 とてもロマンチックです。よろしければ合わせてご覧いただけたら… https://twitter.com/seahope10/status/1256049618099466240?s=20 動画制作&声  花翠口せい様 @hasuguchi_sei 表紙絵  おもち様@0moti_moti0
/368ページ

最初のコメントを投稿しよう!