第11話

1/1
86人が本棚に入れています
本棚に追加
/59ページ

第11話

明朝。 森の木に寄り添いながら寝ていたのだが、気持ちが落ち着いたからか、いつもよりよく眠れた気がする。 「あっ!アカツキ起きた―ッ!」 「おはよー、アカツキ~!」 「起きた!遊ぶ?遊ぼ!」 近くで眠っていた妖精達が、羽をパタパタと羽ばたかせながら集まって来た。   「ごめんね、学校に行かないといけないから。」 「学校?」 「それって楽しい場所?」 「楽しくなさそう。」 楽しい…か。身構えてばかりいて、学生生活を楽しむという考えはあまりなかった気がする。 けれど… 「これから楽しくなる予定だよ。」 「いいな~!」 「連れてって~!」 「私も~!」 さすがに連れては行けないな。あちら側の方が危険は多いし…。 「今度は、友達を連れて遊びに来るから。楽しみにしててね! …では、行ってきます!」 「遊び~!」 「やった~!」 「いってらっしゃ~い!」 次に来る時までに、友達が増えてるといいな…。 …数分後、学校に到着。 「あっ、魔王だ!」 「こら!王子に失礼でしょ!」 良かった。一部の生徒には、リンクが弁明してくれたから、そこまで悪く思われていないみたい。 「打ち首にされるわよ!」 「そうだった。」 違った、そっちらでしたか…。 打ち首。もう完全にクラスメイトは忘れていると思います。いやむしろ、俺自身が打ち首だな。 ガラガラガラ… 「アカツキ王子!」 「王子、おはようございます!」 「おはようございます!」 「おはよう…ございます。」 教育室に入ると、普段話した事の無かったクラスメイトに、急に話しかけられた。何故? 「王子、精霊と会わせてもらえるって本当ですか?」 「先ほどカイン王子から聞きました!」 どうやら、昨日休んでいた人達のようだ。 「はい。この度は、私の魔法の暴走のせいで、大怪我をさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。」 「いえ、自分達がまだまだ未熟だと、改めて学習することができましたので。」 「我々は、むしろ感謝しています。」 あなた方は、俺よりもメンタルが強いですね…かなり。 「ありがとう…次は、もうしません…」 「アカツキ!朝から辛気臭い顔やめろ!」  「そうですよ、我々がきちんとアカツキの武勇伝を語って、皆さんあなたの事を理解してくださったんですから!」 武勇伝…。あの頃はただ、やんちゃしていただけです。 「アカツキ王子、幼き頃から強く優しい人だったのですね!」 「三人の王子の救世主とは、惚れ惚れします!」 タクト、カイン。君達も、弁明してくれたのか。 「二人共、ありがとうございます。」 「良いって事よ!」 「友ですから、当然です!」 神様に感謝します。三人の王子を友達にしてくれて、本当にありがとう。 「どうやら、ルナもアカツキに昔助けられたらしいぜ!」 「そうなんですよ!私も、先程聞いて驚きました!」 「そ…そうなんですね。」 俺も今、聞いて驚いたよ…。 俺との出会いイベントは、どうやら入学前に済ませていたようだ。 「アカツキ王子、あの時はありがとうございました。あなたに助けていただかねば、今頃私は此処には居なかったでしょう。」 「街中で誘拐されそうになった時に助けたらしいな!」 「さすがアカツキですね!」 すみません。そういう人ならば、何十人も助けています。特に海沿いは、どの国でもかなり治安が悪いので…。 「私はその時からずっと、アカツキ王子にもう一度会いたいと思っていました!」 「そうなんですね。」 こういう時、どう反応したら良いか全く分かりません。 教えてください、女性慣れした攻略対象者様…。 「これはもう決まったんじゃないか?」 「決まりですね!」 何が? 「はい!私は妖精に会うよりも、アカツキ王子と外出がしたいです!」 なるほど、決まったね。この発言により、俺ルートは確定しましたとさ…。 「…私を選んでいただき、誠にありがとうございます。」 「よっ!モテ男!」 「羨ましいです!」 今は茶化さないでください。ウサギさん、帽子屋さん。 「アカツキ王子と聖女のルナならば、お似合いですね!」 「ルナおめでとう!」 「おめでと~!」「聖女ばんざーい!アカツキ王子ばんざーい!」 いや、おめでとうって…まだ、付き合ってもいないのですが…。 「ありがとうございます!頑張ります!」 彼女は、頬を赤く染めながら満更でもないご様子でした。 ちなみに、この後どのようにしたら、別のルートに行くのでしょうか?教えて、攻略まとめサイト。 …バンッ 先生が、教室の扉を勢い良く開け入って来た。 「皆さん、急いで席についてください!」 急ぎ?何だろう…。 先生に従い、皆は足早に席に着いた。 「本日は、この国で最もお偉いお方がいらっしゃっています。皆さん、失礼の無いように! それでは、どうぞ!」 「失礼する!」 この声は…まさか…。 「国王だ!」「あれがこの国の王様。」 「初めて見ましたわ。」 「お前もこっちに来い!アカツキ!」 「はい…父上…」 来てしまった…。親が謝罪に。 側近の騎士ハンリーと、ベテラン執事であるスネイルを連れて…。 「此度は、我が息子アカツキが皆に多大な被害を被り、大変申し訳なかった!親である私が、自由にさせ過ぎた事がいけなかったのだろう。面目無いっ!」 「いえ、父上…私が…」 「お前は、黙っていろ!!」 「…はい」 言い訳をするつもりでは無かった。 親にまで迷惑をかけたと実感し、自分が情けなく思い、何かを言いたくなった。 「此度の謝罪を込め、この教室の皆を我が城の晩餐会に招待する事にする!」 「日時は、週末である明日の19時。場所は、王宮の本殿とします。あくまでも、生徒のみのご参加でよろしくお願い致します。」 晩餐会…何かありそうだな。 「王宮!」「しかも本殿!王族のみが入れる幻の!」 「これは、父にもご報告せねば!」 「王族関係者以外誰も、入る事のできないあの場所で。」 「素晴らしいですわ!両親ですら入った事のないあの場所で。」 「光栄です!」 ハート国王城の本殿は、公爵家以上でないと入る事が許されていない。ここにいる生徒のほとんどが入った事が無いだろう。他の王子は、何度か来ているが。 「皆さん、静粛に!」 「よいよい。我々は誠意を尽くして皆をもてなす所存。急な事で、誠に申し訳ない。正式な謝罪は、明日の夜にする。」 「これも、ルナのおかげですわね!」 「ルナ!ばんざーい!」 父は、ルナの事を知らないはず…。 「ん?ルナとは誰ぞ?」 「こちらの女性です!ギルバート王!」 「聖女なんですよ!ちなみにアカツキのこれ!」 二人とも余計な事を言わないでおくれ…。 タクト君、その小指を立てているサインは何かな? 「ほほう、この者が癒しの聖女か。気が、かつての我が師に似ておるな。」 えっ?…父の師匠?そんな人がいたのだな。 「はい。数年前に亡くなられた、アリス様のお孫さんです。」 アリス!ここで来るのかアリス設定。 「我が師の孫も同じ聖女となるとは、なんと素晴らしい!」 聖女って…昔もいたんですね。 「ルナ殿と言ったかな?」 「はい!私がルナです!アカツキ様には、いつもお世話になっております!」 国王の前だと、かなり緊張するよな…普通。 「良い目だ。度胸も据わっていて素晴らしいな!」 「勿体無き御言葉です、国王。」 「こやつは、何でも力で解決しようとする。お主のようなしっかりとした者に叱られなければ、だめかもしれん。かつての我が師のように、有無を言わさずこやつを真人間に育ててやってくれ!」 「はい!承りました!」 承ってしまったよ。 どうやら、俺に拒否権は無いようですね。親公認…。 「では皆の者、また明日に会おう!!」 パチパチパチパチ… 王の去り際、何故か拍手喝采が広がっていた。 「さすが国王、いつも通り声が大きい。」 「威厳が有ります。ですよね?アカツキ。」 「はい…」 そうだ。忘れてはいけない、追いかけて父に謝罪をせねば。 「父上!」 「アカツキか。」 「この度は、申し訳ございませんでした。」 「お叱りは先生から受けただろうから、こちらからは何も言わぬ。だがな、我…いや俺はな、お前に謝罪される為に行動をしたわけではないぞ。」 「はい。…父上のお心使いに、感謝致します。私の思いつかない謝罪方法でした。己の未熟さを、また改めて自覚しました。」 「そうだ!お前はまだ、親に迷惑をかけるような子供だという事だ!」 「くっ…そうですね。」 悔しい…。自分が未熟者だと下に見られているのが悔しい。 「力では、お前に負けかもしれぬが。まだまだ、内面いや、ハートでは負ける気がせぬな!」 「はい。頑張ります。」 「精進せよアカツキ。さらばっ!」 「失礼します、お坊っちゃま。」 「じゃあな!アカ坊!」 内面…。誰にも勝てる気がしないです。 というか、何か重要な事を忘れている気がする…。
/59ページ

最初のコメントを投稿しよう!