6 414

あらすじ

散歩の途中で雨に降られた矢潮。 雨に濡れつつ考えるのは、過去のことだ。 放浪の旅をしていた頃のことや、バケモノと呼ばれていた幼少期の辛い記憶。 「面倒くさい」 そんな散歩の途中、彼は思いがけない人と

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る