1/1
32人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ

6eb4d0bd-96a5-4115-ad1a-31210587d07a 「わが社のジュースが売れ行きが悪いのは、君ら営業の努力が足りないからだ! この前、テレビで見たんだが、今の若い方は写真シール機? ああいうのが好きだそうだ。宣伝効果を狙って、自販機にお客様撮影機能を付けたのを、導入することにする!」  フェルミン社の狭い会議室では、所狭しと、営業部社員たちは、身を寄せ合うように、壁際に立たされていた。物怖じしながら、社長の大きな声に頷いていた。  フェルミン社は、創業百年を迎えるジュースメーカーである。そして、ジュースの売れ行きが落ちているのは事実であった。(ちまた)での知名度も、業界大手に比べて、最近は低下する一方だ。  社員の意見を拒む、ワンマン社長に、誰も異論が挟めず、新型自販機の導入は決定した。  後発の缶ジュースメーカーに自販機設置率、ジュース業界でのシェアは、とうの昔に抜かれてしまっていた。  社長は、思いつきで動くタイプであった。起死回生の手段として、同業他社がしていない、奇を狙うことにしたのだ。  自販機メーカー複数に、ボタンを押したお客が撮影する機能を備えることにした。その場でケータイを取り出す。複数の自販機メーカーに見積書を持ってくるよう、電話していた。
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!