4-3

2/15
23人が本棚に入れています
本棚に追加
/192ページ
 当分部屋から出るような気配はなく、男二人は仕方無くキッチンに戻りダイニングチェアに腰をおろした。 「俺が迂闊だった。みつるの姉だと名乗られた時は知り合いだと言ってしまったが、 彼女はここに逃げてきたとよくよく考えれば判ることだった。彼女を傷つけてしまった。」 「後ろめたいことは何もしてないし、姉だと言われたらこの家に通すのは当たり前のことだよ。隠すほうがおかしいでしょ。ナオキが自分を責めることじゃない。」  浩哉が話を変える。 「ところでさ。」 「何?」 「ナオキはみつるにタトウーがあることは知ってた?」 「…ああ。彼女がシャワーから出てきた時に見えたことがある。ヒロも知ってたのか。」 「彼女、隠そうとしなかったから。今思うと敢えて見せて、何かを伝えようとしていたのかな。」 「…分からない。けどヒロは驚かなかったのか?」
/192ページ

最初のコメントを投稿しよう!