序 最後に見た彼は

1/6
228人が本棚に入れています
本棚に追加
/765ページ

序 最後に見た彼は

春の穏やかな陽に照らされ、彼はとても綺麗に笑っていた。 卒業式。 きっとこれで、もう二度と会う事はない。 そう思えば、少し胸の奥がチクチクと痛んだ。 「……バイバイ」 「うん。元気でね。バイバイ」 別れを惜しむような言い方の(うみ)。 それとは対照的に、微笑み手を振った彼。 友人と去って行く彼は、泣いていない。笑っている。 私だけ、このままここに置いていかれる、そんな気がした。
/765ページ

最初のコメントを投稿しよう!