湖のほとりで

3/3
27人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ
 そこにいたのは、全く面識のない三人の青年達だった。彼らは全員若く、明らかにクヌートより歳下だった。 「お前、脱走兵の一人か?」  逃げてきた青年はそう言ってナイフを取り出し、クヌートの方に歩み寄った。 「何のことだ」  突然のわけのわからない問いに、クヌートは眉を顰めた。 「おいおい嘘だろ。まさか俺の見当違いか? そんな訳ないよなぁ」 「……俺は、最近のことしか記憶にない。何故脱走兵だと?」 「お前を捕まえれば金になるって話を小耳にはさんでな。お前の名前はビョルンだ。雪崩に巻き込まれて消息を断った『兵士』の一人。王都の罪人の壁に似顔絵付で貼ってあるぜ。色の薄い髪、長身……書いてあった通りだ。あとは左手の中指が欠けているはずなんだが。見せやがれ」 「凍傷で指が無くなることはよくある。人違いだ。どうやってこの場所を知った。王都から来たのか。それとも今朝殺した盗賊の仲間か?」 「話を逸らすんじゃねえ。手袋を取って見せやがれ」  青年はクヌートの質問には答える気がないらしく、強引にナイフをクヌートの喉元まで持ってきた。ただ、身長が足りないので思い切り腕を伸ばさなければならなかった。つま先が少し震えている。 「おい。こいつ、今なにを殺したって……?」  仲間のうちの一人が小声でつぶやいた。 「ハッタリだ! こいつらは頭が悪いわりにすぐに嘘をつく。腰抜け脱走兵にそんなことができるわけがない。こいつが脱走したのはかなり前の話だ。きっともう戦い方も忘れちまったさ。今までコソコソ生きてきたわけだからな」  ナイフを突きつけながら青年が怯える仲間に言う。 「でもよォ……」 「金が欲しくないのかよ? 情報漏らした馬鹿オヤジだって言ってただろ。王都に引き渡せばそれなりに金になるって」 「他人(ひと)から聞いた話か」  クヌートは青年たちの会話に口を挟むと、ナイフを突きつけていた青年の腕を力任せにねじった。不意を突かれた青年はナイフを取り落とし、痛みに耐えかねてダンゴムシのように地面に転がった。そのまま腕をまわして首を締め上げると、白目を向いて意識を失った。 「誰から聞いた?」  クヌートは腰の引けている仲間の青年二人に尋ねた。 「……知らねえよ」 「俺も知らねえ」  二人は目を泳がせながら言った。しかしクヌート気絶した青年の首にもう一度おもむろに手を掛けると、焦った様子で口を割った。 「王都から来たって男だよ。賞金稼ぎだって言ってたけど。あんたがどこにいるのかも教えてもらった。たぶんずっと後を付けてたんだろうさ。俺らが知ってるのはそれだけだ」 「だから勘弁してくれ。俺たちもう帰るし、もう二度とこんなことしないからさ」  二人は交互にそう言って倒れている仲間を返してほしいと言い出したが、クヌートは青年の首を掴んだままでいた。  どうするべきか考え込んでいると、タイミング良く背後から声がした。 「離してやれ。ただし、その王都から来たって男に私らを会わせろ」  いつからいたのかわからないが、ノーチェが少し離れた木の陰からひょっこり顔を出した。 「いつ金貰う約束してたんだ?」  彼女は青年たちに尋ねた。青年は「明日の夕方、ここから少し南に歩いたところにある村で」と小さな声で言った。  その日、青年たちはクヌート達と同じテントで強制的に一夜を明かすこととなった。  翌日、テントを出発したクヌートたちは両手を拘束した三人の青年を連れて次の村へと向かった。ノーチェは遊牧民から雄のトナカイを一頭買い、背中に荷物を乗せた。 「ねえ。クヌート、これだーれ……?」  ハンナは何度も青年たちの方を不思議そうな顔をして振り返った。  目的地の村は湖からそう遠くない場所にあった。かなり小さな村で、雪に押しつぶされた民家が数件あるだけだった。堀や柵も存在しないばかりか、人の姿すら見あたらない。 「おい、ここって……廃村じゃないのか?」  ノーチェが問うと青年たちは黙ってうなずいた。よく見ると、民家には所々燃えたような跡があった。火事で人がいなくなったのだろうか。 「確かに廃村だけど、俺たちはここに来るように言われたんだよ」  青年がそう言った瞬間、どこからか一本の矢が勢い良く飛んできて、青年の肩に突き刺さった。クヌート、ノーチェ、ハンナはその場に伏せたが、残る二人の青年とトナカイは一目散にその場から逃げて行ってしまった。 「おい、今度は何だ。お前ら、まさか私らを嵌めたのか? 説明しろ!」  ノーチェは地面に伏せながら矢を受けた青年の方を睨みつけた。しかし、青年は口から泡を吹いて痙攣していた。毒矢だ。 「クソ。何がどうなってる」 「わからない。でもここにいたら、そのうちやられるぞ」  クヌートは慌てることなくハンナを自分の下に隠した。 「それくらいわかる。見てみろこいつ。可哀想に。即効性の毒だ。こんなもん使うんだからろくな奴じゃない。少なくとも猟師ならば使わないはずだ」  ノーチェは動かなくなった青年を指さして言った。その時、林の中から逃げていった青年の断末魔が聞こえてきた。 「もう一人もやられたか。敵は何人いるんだ」  クヌートはノーチェの質問には答えず、隣の民家の陰に移った。辺りを警戒し、慎重に足を進めていく。  すると、白樺の陰から覆面をした男が飛び出してきて、クヌートに襲い掛かった。手にはナイフが握られている。  クヌートは振り上げられたナイフをすんでのところで躱し、咄嗟に男の腹を蹴飛ばした。同時にバランスを崩し、雪の上に転がる。  その時、唐突に頭の中で声がした。  ――何やってるんだビョルン! 逃げろって言っただろ!  実に奇妙な感覚だった。それはまったく身に覚えのない声のはずだったが、どこか懐かしく、同時に悲しくもあった。 「おいクヌート! 大丈夫か!?」  ナイフを持ったノーチェが呆然とするクヌートの元へ走ってきた。そのあまりの気迫に敵の男も怖気付いたのか、一目散にその場から逃走した。  
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!