未知の男子校

10/10
2391人が本棚に入れています
本棚に追加
/188ページ
「とにかく今日が休日でよかった。文化祭も来るつもりなのか?」 「うん」 「…気を付けろよ」 「大丈夫、その時は俺がちゃんと蒼井を守ってあげるから」 そう言って氷室が俺に抱きつく。距離感おかしくない? 「それより蒼井はこの後真っ直ぐ帰っちゃうの?」 「うん特に用事もないし。帰って久しぶりにゲームでもしようかな」 俺が言うと氷室は目を輝かせる。 「じゃあさ、俺の家おいでよ!最新のゲームとかいっぱい置いてあるよ。俺、蒼井と遊びたいなぁ」 「いや、そんな急に」 「大丈夫、すぐに車を呼ぶから。俺の家まですぐ着くよ」 もしかして氷室って金持ち?顔良くて足早くて金持ちって勝ち組かよ。 「お前の家って確か厄介な兄弟がいたような…」 有賀が首を捻る。 「兄貴と弟のこと?まぁちょっと変わってるかもしれないよね、俺に似て。今日は兄貴は出かけてるから弟しかいないよ。ねぇおいでよ。蒼井と色々遊びたいなぁ…」 「色々って?」 「楽しいこと」 そんな俺たちのやり取りを有賀が呆れたように見る。 「氷室…程々にしてやれよ」 「程々も何も楽しく遊ぶだけだよ」 そう言って氷室に席を立つように促される。そのまま手を繋がれた。 「じゃあ行こっか」 「えっ、あ、失礼しました!」 引っ張られるように生徒会室を出て行った。
/188ページ

最初のコメントを投稿しよう!