エピローグ

1/1
68人が本棚に入れています
本棚に追加
/34ページ

エピローグ

爽乃へ 急にごめん。携帯が壊れて、パソコンからもメッセージアプリにログイン出来ないから手紙を書くことにした。 携帯は修理に出して代替機を使ってるから、下に書いた電話番号かメールアドレスに連絡もらえるとありがたい。 手紙なんて書き慣れてないし、思ってることをどうやって書いたらいいかわからなくて何回も書き直したけど、これで最後にする。 俺は、爽乃のことが好きだ。 きっと初めて会った時から好きだった。だから連絡先を聞いたりしたんだと思う。最初は爽乃のことが気になるのは女子とあまり話したことがないからだと思ってた。でも、それは爽乃だったからだ。 俺は爽乃の綺麗な名前を呼んでいたいし、綺麗な横顔を見ていたいし、綺麗な心に触れていたい。 大学生になっても社会人になっても、おじさんになっても、おじいさんになっても、ずっと一緒にいたい。 俺はつまらない男だし、出逢ってまだ1ヶ月だけど、爽乃のこと好きな気持ちは誰にも負けない。それだけは自信ある。 爽乃のことを考えると自分が自分じゃなくなるくらい熱い気持ちでいっぱいになる。『好き』っていう言葉じゃ足りないくらいだ。 これから俺達は大人になって今の俺達には想像もできないつらいこともあると思う。その時、俺は一番近くで爽乃を支えてその綺麗な笑顔を守り続けたい。今の俺は男としてまだまだ未熟だけど、これから爽乃を守れる男になる為に毎日頑張っていくつもりだ。 もっと気の効いたこととかしゃれたことを書ければいいんだけど・・・こんな俺でごめん。 俺の人生で一番幸せだった一ヶ月を本当にありがとう。 蒼大 ───『春色カレンダー ~31ページの青春~』 完───
/34ページ

最初のコメントを投稿しよう!