she,she,and I

3/23
171人が本棚に入れています
本棚に追加
/687ページ
「水谷さん、ご飯でも行かない?」と、金子さんに誘われる。「用事ないんでしょ?」と、もう一押しされるので頷いた。 谷さんは、まだ仕事かな。 廊下を歩きながら、ドアを見ると広重くんが出てきて、思いきり目が合った。 「お疲れ。帰り?」 「うん。帰り」 「これからデート?」 「まさか、金子さんとご飯」と隣にいる彼女を見る。 「あっ、友達って金子さんか。じゃあさ、今日、来ればいいじゃん?」 「今日?」 「村上にこの前、誘われてない? みんなで、飯食おうって。もう少しで上がれると思うからどう?」と言うと、金子さんが頷くので、私も行くことにした。
/687ページ

最初のコメントを投稿しよう!