受賞

リコリスの海が呼んでいる

死の直前に零れ落ちた秘密の欠片は、このうえなく魅力的で。

丹宗あや

恋愛 完結
34分 (20,086文字)
祖母の秘めごと、私の禁断。赤い鎖で連なる恋。

39 1,194

あらすじ

高校2年生の美生は、認知症の祖母がもらした若き日の恋の秘密に動揺する。 祖母の葬儀の日、おしどり夫婦と呼ばれた祖父母の過去を知る美しい婦人が現れ…… 私の恋は、本当に私のものなのだろうか。 血で繋が

感想・レビュー 4

視線

写真、夢、絵と、それぞれで視線が印象的で、「見る・見られる」がふと交錯し時間を超えて境界がぼやけていく感覚にゾクゾクしました。こういう感じ、すごく好きなのです。そして、そうした視線への意識があるからか
ネタバレあり
1件3件

リコリスの和名を知っている方は、必読

読後、あるモチーフと軸となる登場人物の描き方に共通項が見つかるとともに、 底無しの激情へとゆっくりと沈む感覚に浸ります。 ただ、美しい。 絵でもなく漫画でもなくドラマや映画でもなく、 小説であるた
1件1件

自分が自分でなくなる感覚

一気読みでしたので、まだ自分の中でうまく咀嚼できていない部分もあるかと思いますが、このモヤモヤも本作の魅力のひとつではないかと思い、あえて筆を取ります。 恋は落ちるものだとよく言いますが、本作は堕とさ
2件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る