6 403

あらすじ

「僕、写真屋やってまして。おじさん、肖像を撮りませンか?」 孫娘と外出中、写真屋を自称する胡散臭い男に声を掛けられた文緒。 肖像を撮る用はない、と一度は断った文緒だが、男のある一言がきっかけで肖像を

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る