***

1/1
6990人が本棚に入れています
本棚に追加
/300ページ

***

『…このまま一緒にいたら、共倒れになる。いつか、傷付け合うことになる』 真白の手は酷く冷たかった。 真っ直ぐに見上げて伝える彼女の言葉。 『ごめんね。ずっと側にいるって言ったのに…』 予測していなかった事態に頭が着いていかない。 『真白?』 『裁判はしっかり九条先生に入って貰うから…安心して―』 『真白、ちょっと待って!』 とにかく彼女を止めたくて真白の両肩を掴んだ。 『なんで突然!?』 動揺は隠せない。 『…突然じゃないよ』 真白が震えた声で呟く。 真っ直ぐに彼女の視線に降りて、目を合わせた。 『…突然じゃないの。ずっと考えてた』 これは、何か勘違いからか? 何か間違えたか? 何か…何か… 『…俺が…PTSDに掛かったり、自暴自棄になったり、真白に相談なしに行動したりしたから?』 『違うよ。そうじゃない…』 『じゃぁ、なんで!?』 真っ直ぐ見つめた真白の目は真っ赤で、 今にも大粒の涙が溢れだしそうだった。 彼女の涙は、11月からずっと見てきた。 俺が傷付けて、ボロボロにした。 『一緒にいても、辛いだけだから…』 苦しそうに発する言葉。 その苦しそうな表情に、俺も苦しくて仕方がない。 『お互い幸せになれないよ』 涙を堪えて言う真白。 真っ直ぐ合っていた目を、彼女はそらして右下を向いた。 『…一緒に居るのが辛いの。苦しいの…』 真白の言葉。 『私を……この苦しみから解放して…』 そして彼女は顔を上げる。 『私を解放してください…っっ』 ポロポロと大粒の涙が彼女の頬を伝った。 目をそらせなかった。 そらしてはいけないと思った。 ずっと、一生一緒に居たいと想った、たった一人の女性。 ずっと一緒に生きてきたかった。 それを願っていたんだ。 取り返しのつかなくなった俺の人生に、真白の幸せがあるのかもわからずに、さ迷っていた。 だけど、真白を失う覚悟なんか出来ていなくて、心が凍り付く。 彼女の幸せの為に、そう自分に言い聞かせる。 身体を引き裂かれるような気持ちだった。 それくらい愛してるんだ…
/300ページ

最初のコメントを投稿しよう!