不安の隙間

夕暮れ、ひとり、山の中。不安に押し潰されそうなこの気持ち。

ナナセ

ホラー 完結
6分 (3,518文字)
ひとり山を歩く少女の不安を少しでも感じて貰えれば

6 227

あらすじ

ホラーと言うより幻想小説です。 家族とはぐれ、ひとり山歩きをする少女の不安が様々な幻覚となって現れます。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品