第7章

11/20
1686人が本棚に入れています
本棚に追加
/188ページ
火照った身体と乱れた呼吸が、次第に落ち着きを取り戻して行く。 激しく愛を交わした後の静寂な時間・・・ 私は、彼の胸に寄り添いながら、波打つような鼓動にそっと耳を傾けていた。 「悪かったな、琴子・・・璃子から聞いたんだろ?」 「ええ。でも・・・私は嬉しかったですよ。そんな風に言って貰えた事が・・・」 「だって、しょうがないだろ?他に言いようがないし。オマエはもう・・・オレの女なんだから。」 「蒼哉さん・・・」 ” オレの女 ” ” オレの彼女 ” より、独占欲が強いその言葉が嬉しくて・・・ その広い胸元に顔を埋めると、彼も応えるように私を優しく抱きしめてくれた。 「なぁ、琴子・・・」 「ん?」 「たまには、どこか2人で出掛けようか?」 マスコミの混乱を避けようとしているのか、あまり外に出ようとしない蒼哉さんが出掛けようと言ってくれている。 私は、あまりの嬉しさに、思わず両手を広げて歓喜の声を上げそうになった。
/188ページ

最初のコメントを投稿しよう!