ナナカマドの娘-アルソウムの双剣3-

腕利き傭兵の妻として首都の下町で新しい生活を始めた山賊の娘の、幾つかの小さな冒険。

加藤晃生

5時間18分 (190,792文字)
2021年上半期メフィスト賞スルー作品です。

65 1,470

あらすじ

 連合王国の西の果てアレバ山での冒険を経て夫婦となったダスティ峠のブレイ、傭兵イェビ=ジェミ。  二人は宮廷詩人チェプサリの「面白いことがあるからゼルワに来い」という無責任な言葉に乗り、首都ゼルワへ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る