人物画に恋情を

15/15
42人が本棚に入れています
本棚に追加
/195ページ
「い、今、なんて…?」  聞こえてたはずなのに、頭に入ってこない。あまりにも信じられなくて。もしかして、私の妄想が生みだした幻聴?  すごく真剣な顔で、まっすぐ私の目を見て、阿澄先生は言った。 「僕は、ゆりちゃんのことが好きだ。こんな僕だけど、これからずっと、僕のそばにいてくれないか」  心の中が熱いもので満たされる。言葉の意味を理解するよりも先に、体が勝手に動いていた。   「阿澄先生…!」  両手を広げて胸に飛び込んだ。  阿澄先生の匂いと体温。  背中にまわされる、大きな手。  その胸の中で深呼吸をして、ようやく実感した。  戻ってきたんだ。  阿澄先生のもとに。  涙があふれて言葉にならない。阿澄先生の胸に顔を(うず)めながら、もう一度、心の中で言った。  大好きです。今までも、これからも、ずっと、ずっと。
/195ページ

最初のコメントを投稿しよう!