教授と助手の量子的解釈

恋愛における量子力学の正統的解釈を観測しようじゃないか

相生 逢

9分 (5,068文字)

4 5

あらすじ

様々な世界観で変わらないの教授と助手の二人のみ。 そんな彼らが感じ思う事を観測しようじゃないか。 全ては1ページで終わる世界だ。 次のページには新たなる世界が広がっている。 ここはそういう世界線なのだ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る