魔女がくれたイス

2/5
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ
 僕は若く、仕事で失敗ばかりして、いつも怒られていた。  アパートにもどっても、会社のどなり声がよみがえってきて、夜も眠ることもできない。 「ゆっくり、眠れるといいのになー」  イスに腰かけて、僕はそうつぶやいた。  すると、僕はいつのまにか会社にもどって、どんどん仕事をこなしていた。  とても、すっきりした気持ちになっている。   どうやら僕は夢を見ていたようだ。  時計を見ると、次の日の朝になっている。  こんなにぐっすり眠ったのは何年ぶりのことだろう。  次の日から僕はイスに座って眠るようになった。ぐっすり眠れることはとても良いことだったが、体中が痛くなってきた。  やっぱり布団の上で眠る方がいいようだ。
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!