3 きっとあなた微笑む

1/1
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ
「オイ、ネエチャン、大丈夫か?  ヨタヨタ、してん、ぞ!   アブねー、ぞぉ! あ~あ、  チッチェーのになぁ、  何でそんなデッケーカバン、      もってん、だぁー」 「お疲れ様です。大丈夫です」 梨沙は下を向いたまま、上から聞こえた声に返事をし、足元を確認しながら、工事現場の横を通り過ぎていく。 「ナンだぁー?   うるせぇーヨ、ってか?   どうせ、大学で勉強ダケ、  してたんだろ?   自分の部屋の掃除だって、  したことナイんじゃねーの?」 「お疲れ様です。  今日も宜しくお願いします」 「おいおい! 止せよ!   お前ら、  良いから手を動かせよー、         頼むぞ!」 「チャンと、やってるさぁー、      勘弁してくれよー」   梨沙のことを良く知る、この職人さんは全く悪気が無い。 これはきっと、挨拶だ。 「あっ、岡さん、お疲れ様です」 梨沙は、岡さんに丁寧に頭を下げた。ここを任せている岡さんは、梨沙が未だできないことをアッサリできてしまう。梨沙は、ここを管理する会社の係長で、岡さんは、このマンションの管理事務所に勤務している契約社員。梨沙の方が、会社での立場は上になる。   梨沙は、いくつもの管理物件を、一日で回らなければならない。 今、ここで行われている修繕工事も、梨沙が視なければならないが、ここにだけに、ずっといることはできない。 ここのスタッフを信頼し、任せなければ、梨沙は仕事を纏められない。 梨沙は、岡さんを尊敬し、今回も、この工事について任せている。岡さんは、梨沙の忙しさを理解し、自分が任された仕事をキッチリと熟す。そして、チャント熟した仕事の報告を、梨沙にする。 梨沙は、管理事務所に入っていった。コンシェルジュ業務担当の窓口の女性に声を掛け、共用施設の予約確認をした。 時間貸の駐車場、ゲストルーム、パーティールーム、フィットネスルームの、ご使用料の入金状況も確認した。 受付カウンターのレジを開け、釣り銭が足りているのかも視ておく。もしも硬貨が少なければ、両替をしに、駅前まで、代わりに行ってくる。 今日は、まぁ、今のところは、大丈夫の様だ。 梨沙は、大きなバックだけを管理事務所の隅っこに置くと、そのまま、事務所内を一周し、前回、来た時と変わりないかを確認すると、腰かけることもなく、ホウキとちり取をもって、さっき、足元を確認しながら通りすぎた工事現場に戻った。 さっき、通り過ぎた時に、組まれた足場の下が、少し散らかっているのが、気になっていた。なにが事故につながるのかは分からない。 梨沙は邪魔にならない様に、誰にも声を掛けず、黙って、片づける。 梨沙の手には、軍手がつけられている。自分勝手に手を出しているのに、ケガをしては、ここの人に、迷惑が掛かるからだ。 その梨沙の様子を、職人さんは上の方から、確りと観ていた。 「ネエチャン、チッチェーから、  チョロチョロと、良く動くなぁ~、  オ~イオイ、  下ばっかり見ているとぉ~、  ア・タ・マ、ブ・ツ・ケルゾォ~」 これはきっと、「ありがとう」と云っている。梨沙はそう思った。 でも、工事の安全確認だって、職人さんたちも岡さんも、いつも、ちゃんと考えている。梨沙が、ヘルメットを着けていないのに、現場に入るのは危険な迷惑な行為なのだ。 職人さんのその声で、岡さんも、梨沙の状態に気づいた。 「おいおい! 危ないぞ!       事務所に戻れ!」 「あれ? スミマセン。私、  ヘルメット、着けるの、       忘れてたぁ!」 「おい!   勘弁してくれよー!」   工事現場では、自分の仕事に、忙しそうに手を動かしながらも、職人さんたちは、チャンと周りもみている。梨沙は出過ぎたことをしたと、恥ずかしくなった。未だ未だ、岡さんの様には、現場を纏められそうにない。 咲は、仕事でも、同期の梨沙と交わることがある。咲は梨沙が建設部に訪ねてくるとホッとする。自分の、人に対して厳しすぎるところを、梨沙は柔らかくしてくれるから。 「アッ、それでー、梨沙?   町田の現場、  初日は一緒に行くでしょ?   私、  現場監督、誰か分からないしー」 「大丈夫、勿論です。  ちゃんと、お連れ致しますよ。           咲先生!」 「ヤダ、ヤメテ!でも、  梨沙が一緒で助かる。  今回は外壁タイルと、  屋上とバルコニーの防水だっけ?   うん、  これからも宜しくお願いします」   咲は本当に梨沙に感心している。まさか、あんなに、同期の中で一番、何かにつけ、危うかった梨沙が、こんなに頼もしくなるなんて、思ってもみなかった。咲は、自分が今まで苦労した分、他人の傷みも分かるようになっていたから、梨沙がこのように強くなるまでの間に、きっと、ただならぬことも有ったのだろうと察しが付くが、梨沙は同期に甘えることなく、咲にもその事情は分からない。 咲は今まで、かなり踏ん張って、この会社で頑張ってきたが、それ故、周りからみたら、尖って見えてしまうことも有って、一匹狼のように扱われたことも有った。咲自身、その覚悟もあったが、梨沙が同期で、しかも、仕事上でも近くにいてくれたお陰で、咲は頑なに偏り過ぎずに、この会社にいられたのかもしれないと、感謝もしている。  この梨沙に、咲はもっと、力になってあげられることが、あればと、気に掛け続けている。 同期の中で今、一番頼りにしているのが、この梨沙だが、梨沙にも、頼りにされたいと思っている。 「うーん、良かったぁー、  咲が建設部にいてくれてー」 梨沙は、かなり重いショルダーバックを、ドサッと足元に置いて、両手を空に伸ばし背伸びをした。かなり、身体はギクシャクしていた。 スポーツジムにでも行って、ストレッチにマシーンでも、なんて思ってみても、今は忙しくって、その時間がない。グループの管理会社と、現場マンションと、自分の会社の間を行ったり来たり、しかも、車ではなく、電車とバスを使って、グルグルと回っている。 雨の日も風の日も、そう、台風の時だって、ビショビショになりながら、呼び出されれば何処までだって、往かなければならない。 本当に、新人時代、あの、ガーリーな雰囲気の梨沙を、なぜ、この会社は修繕部に入れたのだろう? そこは、かなり、謎があるが、けれど、結果的には適材適所? だったのか、 今はもう、梨沙は係長になっており、部下も、数人従える身分になっている。でも、依然として、一人で走り回る毎日だがー。 「あれ? さっきの物件、  咲に検査してもらうの、  いつだっけ、  メモルの忘れた?   スマホに入れたのかな?      大丈夫かな?私 」 梨沙は大きなバックをガサゴソとさせ、メモを確認しようとしたが、ふと、自分に時間がないことを思い出し、そのままバックを抱えて走り出した。 「次は、ドコだったっけ?」 ボールを抱えて走るラグビー選手のように、梨沙はすれ違う人をよけながら駅に向かってダッシュする。 「アー、まあイイや、  とりあえず、  集会に出なきゃ  いけなかったんだから、   青葉に行かなきゃね 」  梨沙は電車に駆け込むと、大きなバックの中からタブレットを取り出し、確認を始めたようだ。昼間のこの路線はゆとりがある、梨沙は、座席に前屈みに腰かけ仕事を始めた、「あと20分は作業ができる」。前回、その集会に出た時の資料を読み出し、今日の議題を見つけ、電話を入れる。 「ねぇ、森さん居る?   あー、もしもし?   森さん、私、  これからソッチ行くけど、  今日の集会で、  修繕計画説明するの、  私だっけ?森さんからだっけ?   えーと、  資料、今送るから、必要なら、  プリントアウトしておいてくれる?     ありがとーです。助かります」 ガラガラの電車の中、梨沙は丸まりスマホを隠すと、小声で、これから往く先の、マンション管理事務所スタッフに、自分の用事だけをサクッと伝えた。 今日はこの後、担当するマンション、3か所、会社にもどる前に、顔を出さなければならない。これから往くマンションでは、おそらく、梨沙は一時間もいられない。集会にも途中から出るのがやっとで、それだって、最後までは出席できるかも分からない。 かなり要件を纏めて、梨沙の判断が必要な事だけにしてもらわなければならない。その為に、専属のスタッフ達が、いつも全体を把握して、梨沙に報告している。現地スタッフに、任せられることは任せて、各々に頑張ってもらわなければ、梨沙の今日の仕事は終わりに出来ない。 梨沙は今、既存のマンションを、40件担当している。この仕事のように、一月に一度、各マンションで行われる、組合の集会にも出席しているから、集会だけでも一日に何回も出席する。そして、その集会の立会いだけではなく、その他の仕事も、その間にしなければならない。 それぞれのマンションに往く度に、そのマンションの現状を把握し、計画的に行われる修繕計画に考えを加える。決して手ぶらでは帰らない。 それに、次回、往けるまでの間のことまで、現地スタッフに指示を出しておくことも必要になる。 毎日毎日、それぞれの現地で、そこで働くスタッフや、ご入居者様など、さまざまな人に接し、さまざまな状態のマンションの状況を把握して、の、その繰り返し。次から次へと渡り歩く。その都度、会社に戻る時間がないから、外で仕事に手を付ける。 梨沙は、小学生高学年女子平均ほどの身長で、決して横幅も大きな身体をしていないが、仕事に必要なものは持ち歩かなければならない。 梨沙の大きなバックには、ノートパソコン、タブレット、各物件資料のファイル数冊、デジカメ、セクションペーパーの束、筆記用具、プラスとマイナスのドライバー、ペンライト、マスキングテープ、水平器、などなど。 どれほどの物が入っているのだろう、あー、汚れた軍手も入っている。それらが収まる、丈夫なバック自体も、重い。 これだけ忙しく、これだけ体力も使う梨沙の仕事、この会社に入社してからずっと、頑張っている。ビジネススーツにスニーカー、梨沙が、逞しくなっていくのも、分かる。 「お疲れ様ですー、森さん、  どう?   その資料、判りやすいでしょ?   これ作るのに、  徹夜だよ、私!   今日の集会、  私からは網戸の張替えの件と、  ディスポーザーの交換  の件があるけれど、  森さん、業者さんに、   予定訊いてくれた?」 「オット、もう着いたのか?   お疲れさん。  業者? 大丈夫だろ、  あそこはいつも、    メール対応でさぁー」 「ダメダメ、またぁー、  チャンと電話するか、  呼んでよ!   絶対にメールだけ、なんて、  駄目だよ!   見てないって、なったら、        如何するの?」 「アイよ、分かったよ、   全く、お堅いね!」 「ナニ言っているの?   悪口なら、  私が帰った後にしてよ!」 「ハイ、ハイ」 森さんは、このマンションの管理事務所にいる管理業務主任。梨沙の御爺ちゃんと同じくらいの年齢だが、未だに現役で頑張っている。 今日の管理組合の集会では、ご入居者様にリフォームの提案もするが、森さんは顔が広く、業者もたくさん知っているので、業者選びと、その手配をお願いしている。ご入居者様には協力業者の説明も必要になるから、これは信用問題にもなる大事な事だ。 梨沙は、まだまだ、そこまでは力がない。森さんのようなベテランのパートナーは、仕事上必要になる。だが、森さんのような優秀な人材に巡り合えたのは、梨沙の、「渡る世間に鬼はなし」精神の、「人たらし」的なところが良い具合になっていた。 森さんは、梨沙のような小娘にもチャントした対応をしてくれている。 今回も森さんのお陰で、集会では問題なく、業者の方も、ご入居者様にご理解を頂けた。 「じゃあ、森さん、  私が今日の報告書纏めて、  送るから、チェックして、  また、  私に送り返してください。  できたら、  すぐに電話します。    よろしくお願いします」 「アイよ、お疲れさん!」 梨沙は、森さんがいてくれるから、安心してここを任せている。次回の日程調整を済ませ、慌ただしく、次の物件に向かう。 「あ~、もう、こんな時間?         お腹空いた~」 最近の梨沙の楽しみは、駅の立ち食いソバだ。最初は忙しくって、食事の時間もないから、料理が出てくるまでに、時間がかかる店には入れないからだったが、利用してみると、これは想像以上に美味しかった。 知る人も限られる駅店、それでも、時間によっては、売り切れてしまうほどの人気店もある。 梨沙は、あちらこちらに往かなければならない仕事だから、いろいろな鉄道会社を利用する。だから、チョットした路線図なら、描けてしまうほど詳しくなっていき、この電車の、何両目に乗ったら、乗り換えがスムーズかとのことも、頭に入っている。 それと同時に、どの駅のホームに、どんなそば屋が有るのかもインプットされ、更にその店の、人気メニューの情報だって完璧だった。 そうしたことでも、梨沙の「人たらし」は役に立つ。初対面の人にでも、苦手意識はなく、偶然、隣り合ったお客さんに、この店では何がおススメかと聴きだしたりしてみる。それができれば、初めて入ったお店でも失敗はしない。 その場で出会ったオジサンにも、オバサンにも、すぐに打ち解けて、オジサンギャグに、大笑いしながらソバをすする。その大笑いは、善いストレス解消にもなる。 だから、忙しいお店の人にも、誰にでも愛嬌のある梨沙は顔を覚えてもらえ、 それほど常連でなくても、可愛がられる。 時々、その小さな身体で頑張る梨沙を労わる様に、「ちゃんと、ごはん、食べられてるの?」と、チャッカリおまけをしてもらっていたりする。 中には、自分の娘のように、説教交じりで、頑張りすぎる梨沙の体調にも気を配る人が出てくるほどで、梨沙が注文しなくても、勝手に決められたソバが出てくることも有る。 そういえば、寒かった日に、外にずっといる梨沙が、お腹を冷やして痛み出した時、駆け込み寺のように店に飛び込むと、小さな腰掛と白湯を出してもらったことも有る。 ひとりぼっちでの外仕事も多い梨沙。けれど、担当する40もの物件では、生活しているご入居者様たち、管理事務所で働くスタッフたち、協力業者の人たちと、仕事上では、40の数百倍、とても多くの人々に梨沙は対応する。 それに、直接の仕事以外でも、移動に使う交通手段の電車の駅では、駅員さんと挨拶を交わし、利用するバスの運転手さんとも、一言二言、挨拶交じりの会話を楽しむなどしていて、待ち時間や、次の仕事までの調整時間に、 それらの人たちからも、時に、助かられ、そんな自分の身方を増やしていくように、心強い頼りになる人間関係を作っていた。 同期の誰も知らない、会社の外の梨沙の顔、梨沙の世界は、同期の誰よりも、広い。 咲は、小さい身体で、いつも大きなバックと格闘する梨沙の様子から、その繊細さを気に掛けていたが、今のところは、心配はないようだ。 「えーと、次のところは、  キッチンのコンロ交換と、  トイレ交換工事の  提案だっけー、これは、  業者さんと待ち合わせだから、  あと、  40分で現地到着ね、  だったら、先に、  こっちのマンション寄ってこ、       っと、よいしょー」 梨沙はチョッと疲れたのか? グラグラしながらカバンを抱え、ガニ股でペンギンの様に、ドタドタと走り出した。21.5センチの、スニーカーの足跡が、雨上がりのアスファルトに残っていた。 佐々木は賢いが、真っ直ぐな性格。いつもスグに結論を出したがり、相手には、ストレートにぶつけてしまう。 「あー、リーダー、  お疲れ様です。でも、  チョッと、密着すんの、  止めてくれます?  そいつ、俺の、ですから!」 同期の茉由を守るため、佐々木は、高井に言い放った。この時、高井は、これに直接の返事をしていない。 そして、暫くは、茉由の前には姿を現さなかった。 佐々木が担当した桜新町の物件は、もうすぐ完売になる。接客担当の茉由は、一足早く、違うマンションギャラリーへ異動することになった。 「茉由、お迎えが来たぞ!」 佐々木は、茉由を呼びつけた。満足そうに。 茉由はあまりにも明るい佐々木を見るのは意外だったのか、少し警戒しながら、事務室に入った。 「こんにちは、茉由さん、    お迎えに来ました 」 部下に対しても礼儀正しく、軽い会釈をしたその人は、茉由よりも3つ年下の、亜弥チーフだった。 彼女は、年下だが、落ち着いた、品のある美しさを持つ女性で、ずっと、営業担当として頑張ってきた才女だった。 今度のマンションギャラリーは、女性だけでやっていくらしい。 茉由はホッとした。先日の同期会で、咲と梨沙と、すっかり、打ち解けたので、単純な茉由は、「女性チーフ」に全く警戒心を出さずに、安心できた。 それには、佐々木も同じだった。亜弥チーフにならば、安心して茉由を任せられると思っていた。     この時は。 茉由は、先日の同期会では、その前に同期で集まってくれた、茉由の送別会の時のような、寂しさの残るものではなく、浮かれた、そして、心からの、同期への感謝の気持ちで、イッパイになれたものだったので、その気分は、いまだに続いたままだったが、なぜか、胸の辺りは、モヤモヤ、も、していた。 あれから、茉由の病気の予後観察のための検診に、夫の病院へは往かなくなっていた茉由は、あれほど強く、茉由に制限を加えていた夫が、そのことで、茉由に何もしてこないのがスッキリはしないし、 職場では、常にベッタリとくっ付いていた高井が、佐々木の、あの、たった、一言で、茉由に近づかなくなったのも、何か、スッキリとはしなかった。 けれど、先日の同期会では、茉由は素直に同期に甘えられ、とても楽しめた。それ以来、茉由は、すっかり、佐々木の云う通りにするのが間違えのないことだと、楽観視していた。その佐々木が、あまりにも満足そうに機嫌が良かったので、素直に、亜弥チーフに就いて行くことにした。 今度の仕事場は、少し都心から離れた、山の手の、こじんまりとしたマンションギャラリーだった。 ここに建つ新築マンションは、眺望も良い、斜面の立地を生かした、メゾネットタイプ。1.2階の吹き抜けもある、床面積も広いもので、各フロアには、共有する通路が無い。各住戸へは、グランドエントランスから専用通路で分かれており、プライバシーにも気を配られている。 ここは、時間に余裕のある、富裕層にターゲットを絞った、高級感のあるなマンションで、限られた者が入るのに相応しい、戸数が抑えられた物件だった。 どんなに景気が悪くても、日本の中心には、お金持ちはいるのだろう。そのような方の中には、便利な都心よりも、ゆったりとできる場所を好む方もいる。 こんな、高級感のあるマンションは、最近は少なくなっていた。だから、そうした方々は、きっと、待ち望んだ新築物件だったのかもしれない。 そして、ここのマンションギャラリーには、品のある、亜弥チーフは適材適所。そんな彼女を抜擢したのは、リーダー、そう、高井だった。 亜弥チーフは、茉由よりも年下だが、茉由は子育てに、しばらく、この会社から離れていたので、彼女は茉由よりも、キャリアを積んでいた。 けれど、優秀な営業担当なのに、それに、もう、チーフなのに、高飛車なところは全くない人で、仕事でも、成績主義の営業をするタイプではなかった。 自分の下で働く者に対しても、茉由だけではなく、スタッフ皆に対しても、敬語で話しかけ、清掃も一緒に行う。どんなことでも平等にと、とても気配りのできる人だった。 こんなチーフは、女性だけで構成されたこのマンションギャラリーに相応しい。茉由はここでは一番年上になったが、素直に、チーフに従えた。 けれど、茉由にとっての恵まれた環境は、スグに壊されてしまう。 茉由の前からしばらくは消えていた高井は、茉由がここに入ったのを確認したかのように、毎日、このマンションギャラリーへ、顔を出すようになった。 それも、高井は、ジワリジワリと、執拗に、重くのしかかる、耐えられないほどの、光景を、茉由に目の当たりにさせる。 ここで、茉由は、自分の近くには、誰も居ないことに気づく。 いつもは、茉由を、確りと自分の型にはめ、固定させるような男がいたのに、ここにはいない。 夫は、茉由に寄り添わなくても、強く茉由に制限を加え、監理したいたし、 佐藤は、優しく茉由を守りながらも、他の者に譲らなかったし、 佐々木は、真っすぐに、茉由を守り、高井は高圧的に茉由を管理してきた。 けれど、今は、茉由の近くには、その、だれも居ない。 目の前にいる高井は、茉由に近づかずに、 美しい、茉由には眩しい亜弥チーフの横に常にいた。 その高井のくっ付き様は、以前の茉由に対するものとソックリだった。 でも、亜弥チーフは、それが当たり前の事の様にさせている。 初めて、されたこと、では、ない様に。 ここは、完全予約制の、女性だけの上品な、こじんまりとした職場。 働く女性スタッフは少なく、亜弥チーフはマンションギャラリーのオープン中には、ずっと受付に立ち、そこからスタッフに指示を出す。 予約客のお出迎えは、茉由たち接客担当。 エントランスホールに一列に並び、お客様のお約束のお時間、20分前からお待ちする。ここでは、10時、13時、15時の時間枠を設定し、各枠には2組ほどの予約を入れていた。 毎回ごとに、自分が担当になっていなくても、女性スタッフは全員勢揃いして、お客様を、お迎えする。だから、もし、お客様がおひとりでご来場になれば、VIP感は、かなりある。 そんな、静かな空間の中、茉由がチーフの指示を待つために、エントランスホールで受付に向かい一定の距離を空け、待機すると、 その受付には、亜弥チーフと、エリアマネージャーの高井がいつも並んで立っている。 高井は茉由に見せつける。 この、上品な、小さくまとめられた受付のブースに並ぶ二人の距離は近い。 チーフの右側に高井はピッタリとくっ付き、チーフは、カウンター上の受付表に、ペンを動かす手も、動かしにくいほどの様子だった。 そして、共に同じ、上品な、穏やかな、表情を、二人は揃えている。 とても、良い、雰囲気だ。 高井のこんな穏やかな貌を、茉由は今まで、目にしたことが無かった。 ここはとても静かな空間、そんな中、二人の会話は、共に声が抑えられ、 少し離れた茉由には、全く聞こえない。 時折、亜弥チーフは少し、はにかみ、高井は、口角を上げる。高井の眼差しは、柔らかく、 正統な、紳士的なものだった。 マンションギャラリーに来場者がいない時、控えの事務室では、島状に並べられた「長」が座る席には、高井が着く。 チーフは、それも、当たり前の様に譲り、その、斜向かいに着く。 茉由は、一番離れた席に着く。 もう、何も、心配はいらないのに。 ここでの高井は、亜弥チーフ以外の者とは、直接は話さない。 「外野」のスタッフから話しかけられると、 爽やかな営業スマイルで対応するが、いつも聞き手に廻り、微笑みながら肯くだけだった。 それも、茉由の知らない高井だった。 茉由も、高井に未だに話しかけてはいない。それでも、何も困らない。 違和感も、不自然さも、不慣れなことも全くない。 それが本当の高井の姿の様に思えてきた。 ここでは、毎日、高井はそうだった。 茉由は、日に日に、モヤモヤ感が強くなる。 どうして、高井は茉由に近づかないのだろう。 もう、佐々木はいないのに。 けれど、茉由は不思議と、この光景に馴染んでしまった。茉由は、高井にやきもちは妬かなかった。亜弥チーフにも嫉妬をしなかった。 むしろ、この時は、なぜか、「それならばそれで良いじゃない」などと、思っていた。 茉由は、高井が怖くて、従っていただけで、高井にドキドキしたこともない。 だから、この様になっても、茉由には、同期たちが、この会社にいてくれれば、さほど、困った状態には、なっていなかった。  高井は、茉由のそれも、分かっていたのか、 まだ、茉由が知らないところでも、高井は、茉由を追い詰めていた。 茉由たちが勤めるこの不動産会社は、関東で手広くマンション事業展開をしている。社内には、咲が居る建設部があるから、自社で設計し、施工する物件もあるし、協力施工会社に施工を依頼する時もあるし、有名デザイナーに依頼する、デザイナー物件もある。 茉由が、佐々木と担当した桜新町の物件は、施工も自社の物件だった。茉由たちが、この現場から離れてから行われた、御購入者様対象の、引渡し時の内覧会では、施工担当として、咲が、現場に入った。 そして、営業責任者として、高井が期間中、この現場を仕切っていた。 ここでは、茉由が今、仕事をしているマンションギャラリーとは、 全く違う高井がいた。 高井はここで、お客様には営業用の顔をしているが、スタッフに見せる貌は、その表情は険しく、鮫のような、真っ黒な鋭い目力で、挨拶も含め、高井に話しかけようとする者を、どんな話しかを聞く前から睨みつけ、けっして、容易く自分の正面には立たせない。 自分が視ようとするものが見えるところに立っているのだから、邪魔だと云わんばかりに。 それでも、どうしても、しなければならない、必要な話をする者がくると、その者に対し、高井は不気味に目を細め、上目遣いに圧を出し、了承をする時には、「良し」と一語で応えるか、「ウン」と肯くのではなく「ン」と無表情のまま顎も、唇すらも動かさないで返事を返した。また、できない事には「否」と、不機嫌に応えた。 それだけではない。 ここでは、スタッフに対し、こと細かく仕事の指示を出していた。 内覧会の現場はどこでも、常にきれいに保たれ、けっして、汚さない様、間違っても傷をつけない様、養生シートは、広範囲に施されているのは、普通だが、それも、ここでは、ここまでか、と、覆えるところは、どこまでも、どこまででも、シートで覆われている。これでは、仕上がり面が見えない。 この物件が、完成しているのかどうかも分からない。それほどだった。 そして、接客においても細かい指示が出された。 内覧会では、立会いや、アテンドをするときに、共通の黒い手提げに、新しいスリッパや、メジャー、水平器、筆記用具、マスキングテープ、白手袋、フキンなどの、必要なものが入れられ、持たされるが、 その大きさが、キチンと揃う様に、布バッグなのに、形を整えるようにとの指示までもが、でる。 お客様をお迎えする時には、並んだ姿が美しく見える様に、皆、白手袋をした左手に、必ず、左手に、手提げを持ち、右手は空けたままにするとの、立ち姿までも、指示される。 お客様をご案内する時に動かす手は、右手に、必ず右手を動かす様に、 統一する。 担当者が付ける名札の位置も、左胸ポケットの真ん中、必ず真中に、決められ、少し斜めになっても咎められた。 どれも、決して間違ったことではなく、そうすることは正しいが、限度を超えている。 咲は、そんな緊張感がマックスな現場は珍しかった。これでは、せっかく、この内覧会を楽しみにお越しになるお客様は、この、度が超えた雰囲気に、かえって、いらぬ緊張をされてしまうのではと、心配になるほどだった。 そんな中、咲が可愛がっていた、後輩の、結奈は、お客様をお迎えする際に、白手袋を着用するのを忘れ、ことも有ろうか、エントランスで仁王立ちする高井に、その姿が見られてしまう。 これも、咲には些細な事のように最初は思っていた。 結奈が、何にも触れる前、このエントランスホールから出る前に、それに気づけば、大丈夫だと思ってしまった。 エントランスホールで、スタンバイしている咲の前を、まだ、何も手を動かしてはいない結奈が通り過ぎるタイミングで、その動きが大きくならない様に、そっと声を掛けて気づかせた。 これにはお客様も、さほど違和感はなかったことだった。けれど、次の日、 結奈は、現場から外されていた。 朝礼の後、咲はスタッフから「結奈は、リーダーの前で失敗をしたようだ」と報告を受けた。咲はこの現場で、アテンドの責任者だったが、 営業部ではなかったので、 この内覧会では、ここを仕切る営業から、指示を受ける立場だった。 だから、この結奈の処分も事後報告だった。 結奈は社員ではなかったので、自宅待機になれば、彼女の収入は減ることになる。これには、咲は、さすがに黙ってはいられなかった。 「何故ですか?   なぜ、結奈は外されたんですか!」 咲は、高井に咬みついた。これに、高井は表情を変えない。 「君は、茉由君の同期だったか?」 全くかみ合わない返事をした。 「何を仰っているのですか?」 咲は怪訝そうな顔になる。高井は「否」とだけ応えた。高井の重い圧がある沈黙は続いた。咲は、そこから退くしかなかった。 咲は、必要以上に傷ついてしまった結奈を、慰める電話しか、できなかった。結奈の入れる現場を急いで探し、二日後に、現場の状況を確認し、結奈に付き添い、送り込んだ。 咲は、高井が、何かをしても、この「高井を如何することもできない」と、思い知らされた。 すると、急に、茉由のことが心配になってきた。このような厳しすぎる処分をした高井の、その、なにかしらの怒りは、もしかしたら、茉由に向かっているのかもしれないと思った。だから、自分が「同期」かと、尋ねられたのだろうかと。 咲は、自分には似合わない、バカ騒ぎした、あの同期会が思い出さされた。 茉由に、何があったのだろうか? あの時には、分からなかった。でも、 あの時に、佐々木と茉由は同じところで仕事をしていた。 だから、とっさに、佐々木に尋ねてみようと、咲は思ったが、でも、あの佐々木では、ストレートに、高井に向かって行ってしまうとも思った。それでは、また、厄介な事になるかもしれない。 やはり、一寸、酷だが、茉由に連絡してみた。 連絡を受けた茉由は、きっと...、佐々木のあの、一言があったからと、スグに結びつけたが、佐々木には心配を掛けたくはなかった。 それに、ここでは、高井は変わりなく、茉由に、直接は何も云わないままだった。だから、ハッキリとはしない。 でも、これだけでもなかった。 もっと、大変な、事態になる。 梨沙は、あの同期会では、皆が酔っぱらう中、一人だけ冷静だった。その場の雰囲気に合わせ、バカ騒ぎはしていたものの、佐藤と茉由に、気づかいする様子がみられるほどだった。 梨沙は、酒に強いと思っていた。 梨沙は、多くの人に対応する仕事に就いているし、人付き合いも良く、何かにつけて飲み会に参加することも多い。 仕事が忙しければ忙しいほど、何故かその回数も増えてくる。カクテルだろうが、ビールだろうが、焼酎だろうが、ウイスキーだろうが、アルコールなら、どんなものでも受け付ける。 そのうち、傷の消毒にも酒を使うのではと思われるくらい、梨沙の身近に、酒の席がある。 梨沙は係長になっており、数名の部下がいる。その者に対して、勿論、勤務中に出す指示は、社から、ワザワザ、外に場を設けて話をすることはないが、 勤務時間後も、自分の担当物件も40件ほど抱える梨沙は仕事量が多すぎて、 昼間、手が回らなかった、部下の案件に承認印を押印することや、当日中でなければ困る、指示待ちの部下には、対応をする。 それがたとえ、酒の場であっても。 梨沙は身軽なシングルなので、一日の終わりに腹が減れば、本社近くに、居場所を見つけ、仕事帰りに、ほぼ毎日、その店に通った。 それが続けば、部下も、梨沙に用があれば、その店に来るようになる。 その店は、本社近くであった為か、それとも、また、何かしらの思惑があったのか、高井も、顔を出す店だった。 けれど、意外にも、ここでの高井は紳士的に過ごしている。 これだって、たぶん、本社から近いことがあってのことだろう。 ここで、何か問題を起こせは、本社にも知られてしまうかもしれないとのことまで、きっと、高井は考えている。 だから、梨沙と目と目が合っても、席からは離れずに、高井は会釈だけにしていた。梨沙も、察しが良いのだから、身分をわきまえ、高井には近づかず、その場で立上り、頭を下げるだけにしていた。 この店では、高井は深酒をしないが、梨沙は、そのメンバーによっては、酔いつぶれるまで飲むことも有った。 そこは、まだ、梨沙の足りないところだろう。 先日、この店で、いつもの様に、いい気分になるまで梨沙が酒を飲み続けていると、そこへ、梨沙の部下の、まだ、威勢の良い、入社3年目の男子社員が合流した。 この日は、彼一人だけが、梨沙を訪ねてこの店に来ていた。梨沙と、二人だけになりたかったのだろうか、それとも、二人だと分かったからそうなったのだろうか、 まだ、若いその社員は、酒を飲みながら、日ごろの仕事の愚痴を梨沙にぶつけてきた。 「なんで、俺、こんなことまで、     できないんですかね~」 「あれ?聞いてますかァ~、  お~い、聴こえますかァ~、×××」 酒が弱いのだろうか、次第に、ろれつも回らなくなってきた。 この会社は、男優位のところがある。 この社員は、まだ、3年目なのに、そうした事も、もう、分かっていたのか、係長の梨沙に、酔った勢いで、覆いかぶさるなど、絡みだした。 「良いじゃないですか~、      梨沙ちゃん!」 もう、係長としてではなく、ただの女としての扱いだった。 梨沙は、すでに酔っていた。 だから、この場で、梨沙も、ちゃんとした対応が、できていなかった。 酔った勢いで、力任せに梨沙に絡みつくこの社員を、思いっきり、 払いのけてしまった。 梨沙は身体が小さく、思いっきり払いのけても、 男なら十分に堪えることができる、ハズだった。 でも、 この社員は、カウンターのエッジに額をぶつけ、そのせいで、裂傷もし、 酒も入っていたので、血の巡りも良くなっていたのか、かなり流血した。 梨沙は身体が小さく、この男子社員を支えられない。 結局、店の人に救急車を呼ばれてしまう。 高井は、この時にも、この店にいた。 「店の人の対応は間違ってはいなかった。  騒ぎを起こしたのは、この男子社員だった」 そう高井は判断した。 この社員はそのまま入院し、入院中の5日目、自己都合で退社した。 すべて、郵送で手続きされた。 梨沙は会社から処分されなかった。 この男子社員からも、 自分が酔っぱらって、頭をぶつけた、事故だったと伝えられた。 梨沙は、責任を感じた。 自分が確りしていれば、このようなことは起こらなかったのに。 自分が、本社近くで、社員が立ち寄れるこの店に通わなければ、 この店で、仕事の続きをするようなことを暗黙の了解にしなければ、 このようなことも起きなかったと、猛省した。 いまさら、反省してもしょうがない。梨沙は、高井の前で、社会人として失態をさらしたと自覚した。 梨沙は、自分が処分されなかったことに、苦しみを感じた。生殺しの様に、この会社に残されたように感じた。 もし、 この場に高井が居なければ、自分が責任を取って会社を辞め、この男子社員を残したかもしれない。 けれど、 それは、今、梨沙が感じているような苦しみを、この男子社員に与えることになるのかもしれない。 店に迷惑をかけたのだから、会社としては、処分を下さなければならない。 この件を、梨沙は、上手く判断できない。 自分の力の無さに、ただ、無気力になるだけだった。 高井は、直属ではないが、上司として、間違ってはいない判断をしたと、 梨沙は認めるしかなかった。 あのバカ騒ぎした、同期会から、まだ、そんなに過ぎてはいないのに、茉由の同期には、事が、起こりすぎていた。 茉由が、この事を知ったのは、梨沙がふさぎ込み、長期休暇を取ったことで、連絡がつかなくなった咲が心配し、茉由に連絡したからだった。 あんなに、明るく、チャーミングな、梨沙が、 ふさぎ込むなんて、いったい、どれほどのことがあったのだろう。 この会社で、あんなに成長し、順風満帆だったのに、頼もしかったのに。 大好きな梨沙が、自宅に籠っているなんて。 茉由は、咲と共に、梨沙の自宅を訪ねた。 梨沙は、憔悴し、小さな身体は、もっと小さくなっていた。 梨沙のところには、しばらく、同じく、シングルの咲が泊まり込むようにした。 一人にはさせたくはない。 咲は、可愛がっていた結奈のことでも、高井には、思うことがあった。 「梨沙? 咲も私も、梨沙と一緒にいるよ」 俯いたままの梨沙に茉由は声を掛けた。茉由も、しばらく、仕事帰りに、梨沙の自宅を訪れていた。 茉由には、咲と梨沙の件で、その両方に、高井が関わっていたことが、偶然ではないように、感じた。 高井は、この二人が茉由の同期であることを、知っているのに、 二つの「事」の後にも、毎日、高井はこのマンションギャラリーで、 茉由の目の前にいるのに、 高井からは、不自然に、そのことを、何も聴かされては、いなかった。 ここでの高井は、変わりなく、皆に穏やかに対応し、 紳士的な上司を装っている。そして、茉由ではなく、 亜弥チーフの横、に、居続けていた。 その様子に、ここのスタッフの皆が、高井と亜弥チーフの、仲を認めていた。 茉由からみても、とてもお似合いだった。 高井と亜弥チーフは共に独身でもある。 茉由は、この高井が、 茉由と高井では、これほど、「皆から、お似合いと認められない」だろう。とのことを、分からせるために、そうしている様にしか、感じられなかった。 でも、 梨沙と、咲の事が無ければ、こんなことは、茉由はさほど気にもならなかった。 自分には、この会社の中に、強い味方の4人の同期がいると、先日の同期会で実感できたから。 だから...、それも高井は、分かっていて...それを良くは思わない?高井に、 この同期たちと、だんだん、遠ざけられる様に...、そう、されて、いる感じがしてきた。 そうやって、茉由の周りから、だんだん、味方が減っていくように、 仕組まれているのだろうか? 佐々木と佐藤は大丈夫だろうか?  茉由からは、この状態を上手く説明できそうにもなかった。 毎日、目の前に、高井が居て、ここで、わざとらしく、茉由以外の者と穏やかにしている高井の様子を、茉由は、上手く説明できない。 日に日に、茉由は、疎外感が強くなってきた。亜弥チーフは何も知らないのだろうか、相変わらず、茉由にも、気づかいのある優しさを見せてくれていた。 何一つ、亜弥チーフに不満などはなかった。だから、よけいに、この職場では、茉由は居心地が悪くなる。 それに、今までの高井との関係だって、 茉由が、高井に寄り添って、 甘えていた時だって、 高井は、今と、同じように、 違うマンションギャラリーで、 この亜弥チーフに、 寄り添っていたのかもしれない。 それに、他にも、 そんなことまで詮索すると、 益々、茉由は落ち込みがひどくなる。 ここから、離れたくなる。 佐々木に助けてもらいたい。 佐藤に助けてもらいたい。 でも、 助けてもらったら、また、迷惑をかけるかもしれない。 茉由は何もできないまま、ここに、いるしかなかった。 それからしばらくは、茉由はそのまま、ここで我慢をして仕事を続けていた。 高井は、そのまま、チーフとの仲の良さを茉由にみせつけていた。 こんな事が続くと... 茉由は、高井への気持ちが、変化してきた。 ここでなぜ、茉由はやきもちを妬かないのか、 最初は自分でも、不思議だったが、 きっと、 最初から、高井のことなんて、好きじゃなかったのかもしれない。 高井に振り回されて、自分が分からなくなっていただけなのかもしれない。 茉由は、日に日に、高井の事が、「なんともなく」、思えてきた。 ウッカリ倒してしまった、カップの中の、イッパイになっていた水が、 全てこぼれ出て、カラッポになる様に、 茉由の高井への気持ちは、すっかり、全く、無くなっていた。 今は、この、何も悪くはない、亜弥チーフが、 自分の様にならなければ良いと思えた。 茉由は、今回は、佐々木と佐藤を巻き込みたくはなかった。まだ、被害を受けていないこの二人は、知らなければ、知らない方が善いと思えた。 けれど、高井が、今のところ、この二人に何もしていないのは、何か、高井の考えがあるのかもしれない。 茉由はすっかり性格が変わった。こんなに、他人のことを疑う、他人のことを悪く視るようなことはなかったのに。 これは、茉由の夫のせいだろうか、 それとも、高井のせいだろうか、 全く、なんで、こんな男が、茉由の近くにいたのだろうか、 高井と、茉由の夫、二人がとても似ているように思えてきた。 夫を相手にしなくなったように、 高井の事も、相手にしないのが、 一番の得策だろうか、 「高井が、こんな変なヤツで良かった。     ゼンゼン、カッコ良くない!」 「ねぇ、梨沙?   頑張りすぎなくていいよ!」 梨沙は、まだ動けない。 咲は、梨沙のところに泊まり込んで一週間が過ぎていた。 咲が視る限り、梨沙の一人暮らしで部屋は狭く、そのほとんどが、ベッドで占領されているのに、そのベッドに横にならずに、梨沙はずっと、部屋の隅で膝を抱え込んでいる。きっと、咲が仕事に出ている間も、こうしているのだろう。 少し前まで、あんなに、明るく、可愛らしく、サバサバとした、頼りになる梨沙だったのに、そして、誰よりも、人に寄り添い、人に対して優しさを見せられる梨沙だったのに、どうして、この梨沙を、こんなにしたの、 なぜ、高井は傍にいて、事が起きる前に、二人を離さなかったのだろう。 咲の怒りはマックスになっている。 「ねぇ、やっぱり、  ワザとじゃない?   茉由だって、そう、  思ってるんでしょ?」 「......」 茉由は、咲に少し冷静になってほしかった。 咲の気持ちは分かるけれど。 「ねぇ、咲? 私、  上手く喋れないけど、  今日は、ここに泊まるから、  一緒に、考えてもらって良い?」 明日から、休日。休日明けまで、茉由も、梨沙と咲と一緒に居ることにした。茉由の母には、「出張だから、子供をお願いします」と、頼んできた。 「ゴメンね、  また、私のせいだよね...」 でも、茉由には、まだ、高井の名を声に出して、良いのかも躊躇いがあった。なにせ、高井は、自分から、何もハッキリとはさせていない。 茉由が、佐々木を使って、高井に逆らったと思われてしまって、それで、高井が気分を害し、茉由だけではなく、茉由が大切にしている者までも、壊そうとしている、と、たぶん、そうなのかもしれない。 でも、茉由は、今、毎日、高井の傍にいても、その事を、ハッキリとはさせられないでいた。 茉由が、高井に、直接問い詰めても、高井が、チャントした応対をするようなことは、きっと、ない。だって、今までだって、そうだったから。 高井はいつも、何もハッキリとはさせない。 それに、「私のせいですか?」と、聴いてしまったら、佐々木が高井に失礼なことをした、と、認めたことにもなってしまうような気がして、そうしたら、 佐々木に何かあっても、などとも、考えてしまう。 「ゴメン、咲。私、  なにも、上手くできていない」 茉由は、色々考えても、何も出来ていない。 「そう?   茉由も被害者なのは分かるけど、  これじゃぁ、やられっ放しだし、  私、  ほんと、今回は、許せない!      こんな梨沙にされて!」  「梨沙が、こうなるの、  高井さん、分かってたんでしょ!」 高井は、本社勤務でもないのに、あの店に、何度も通っていた。ワザワザ、あの店に、なぜ、往くのだろうか?  梨沙があの店に通い詰めているのだって、何度か、挨拶を交わしているのだから、分かっていたことだろう。 梨沙がそこで酒を飲みながら、時に、仕事に手を出し、時に、部下を集め、時に、酔いつぶれるまで深酒をしていることも分かっていたのだろう。 梨沙の部下たちが、どんな者であるのかも、分かっていたのだろう。 そうしたら、 そのうちに、 何か起こるのではないだろうかとも、 考えていたのかもしれない。 それに、咲が、1番目、梨沙が2番目に、事が起きたことだって、偶然じゃないような気もする。 高井は、営業部所属。けれど、咲は、建設部。咲は、高井から、遠く、に、いつもいる。その次に事が起きたのも、高井から遠い、修繕部の梨沙。 そうやって、自分の保身をしながら、遠くから事を起こし、いつ茉由が気づくのか、気づいたらどうするのか、そんなことまで、考えているような気もする。 だから、咲は、茉由とは違う考えで、高井は、佐々木や、佐藤には、今回は何もしないだろうと考えている。 しかも、高井は物分かりが良いのだから、GMの後輩の佐藤には、きっと、手を出さない。とも、咲は考えている。 「下手に、 何かできないって思ってるんでしょ?」 咲は、茉由に優しさを見せる。 「茉由のせいじゃないよ、あの男、  きっと、これに近いこと、  今までだって、やってきてるよ、  茉由だから、じゃなくて、そんな、  男なんだよ、常に、  自分のことを考えるヤツなんだよ 」 「そうなんだよね...、  ありがとー、私も、ね、  なんか、高井は...、  私の事が好きなんじゃなくて、  自分が楽しめる相手を、    傍に、  置いてるだけなんじゃないかって  思って、それだって、  気づくのが遅かったんだけど、    もし、  高井が私に本当に好意を持っていたら、  周り迄、巻き込まないような気がするの、      自分が気分を害したからって...」 「まあね...、どう、動くかは、  その人次第だけど、これって、 『自分を分からせる』ために、     やってるよね、きっと 」 「そうなの、きっと、  『自分』なのよ、  高井は、ひょっとして?   だから...、  女にしか、何かしないのかも、        自分は男だから 」 「う~ん、それもあるかー」 「なんか、あの人、  会社人としても、  全て、かなりの、  男尊女卑な気がする...」 「まあね、  この会社がそうだからね...、  そこにどっぷり、   高井は浸ってるからね 」 「そうかぁ~ 」 「そうなのね~ 」 「じゃぁ、目の前で、  梨沙が、  酔っぱらって、  部下に指示を出してる、  なんて、絶対に、    許せないよね~ 」 「そうなのかも... 」 「確かに!  私も、責任者として、  あの内覧会の時、  相手してもらってないし、  認めないんだね、  女性が、  自分の近くの立場になること!」 咲は段々呆れてきた、自分も、仕事では、男にサンザンなめに、あってきているけれど、またぁ~、そうかぁ~、な、感じなのか。 「そうか、それもあるんだぁ~、  茉由のことだけじゃなくて...、  梨沙と、私も、高井にとっては、  気に食わない、ことなんだね~」 「たぶん?そ..う... 」 「そう、だね... 」 「そうかぁ~、そのために、  可愛い、  結奈は被害を受けたのかぁ~、      メチャクチャだね~」 咲は、両腕を広げて、「お手上げ」のポーズをする。笑えない...。 茉由は、自分が辛かった時に梨沙に助けてもらったようには、上手くはできないかもしれないけれど、自分にできる事、全部、梨沙のためにしようと思った。ここに...、一緒に、頼りになる咲もいるから。 きっと、二人で、梨沙を守れる。 梨沙の住まいは、1DK、塞ぎ込んでいても、二人の話は耳に入る。 ......なんか、高井に腹が立ってきた。 「クソ野~郎!」 「え?」 「えぇ~?」 梨沙が急に声を出した。「声が出せるんだ?」と、咲と茉由は思った。 「も~、大丈夫!」 「気がついた?梨沙?茉由もいるよ 」 「うん、分かってる、アリガト 」 「なんか、食ってもイイ?」 「えぇ~? 良いよ!」 「モチロン!  はやく、なんか、食べなよ 」 二人の前で、梨沙が初めて動いた。 茉由も咲も、ホッとした。 梨沙は、小さい身体をしていても、きっと、底力は、咲よりも自分よりもあると茉由は思っている。そして、咲も。 外仕事も多い梨沙。けれど、担当する40もの物件では、生活しているご入居者様たち、管理事務所で働くスタッフたち、協力業者の人たちと、仕事上では、40の数百倍、とても多くの人々に梨沙は対応する。 その人たちも、きっと、梨沙を待っていてくれている。 さあ! こんなめにあっても、目が覚めれば、気づいてくれたら、 梨沙が、一番、上手にできる。 「分かった‼」 「分かったの?」 「何が?」 「お~!」 「ナニ?」 「ウン、大丈夫?」 やっと、三人になった。 口をモゴモゴさせながら、目が据わったままの、怒った顔の梨沙が、 やっと、話し出した。 「いつ買ったパン? 堅そうじゃん」、咲は、少し心配した。 梨沙は、髪もボサボサ、爪もボロボロ、やっぱり、オヤジ。 「私、頃合い見て、  あの子の職、探してみる!」 「ウン」 「ソウだね、良いね!」 「大丈夫、私、顔、広いから、    スグ、見つけられる!」 「ウン!」 「ソウだね!」 梨沙が、とっかかりを掴み、 茉由がうなずき、 咲がまとめる。 こんな、三人の関係。 まだ、三人の休日は始まったばかり、 「高井のことはさぁ~」 「ウン?」 「うん?」 「無反応にする...」 「え?」 「無反応? かぁ~」 「そー、  無反応、無視、放置、シカト!」 「なるほど~」 「あぁ~、 『カマッテチャン』だからかぁ~」 「たぶん...」 「なるほど~」 「それは、失敗は、ないよね!」 「そう!」 「ウン」 「ソウだね、良いね!」 「高井と同じにはならない」 「ウン」 「仕事する気になってきた?」 「うん、私、係長、おりない‼」 「ウン」 「そうだよ!」 「アイツが、ジジイになったら、  ワザと、足引っ掛けて、  倒して、フンズケテヤル!」 「ウン」 「ソウだね、良いね!」 「私、アイツより、  上になってやる、絶対!」 「ウン」 「ソウだね、良いね!」 「ちょっと?さっきから、  外野になってるじゃん!   慰めに来たんでしょ!」 「ウン」 「だって、大丈夫そうじゃん!」 「うん、アリガト... 」 「ウン」 「良かった!」 茉由はホッとした。 やっぱり、この三人会は絶対にハズセナイ。 「ねぇ、梨沙?私、一人暮らし、  したことないから、  羨ましい。また、泊りに来ても良い?   あつ、3人だと楽しいと思うけど!」 「うん、良いよ、何か、クイモン、  もってきてくれるなら!」 「分かった!」 「そうね! 梨沙は肉でしょ?   茉由はサラダだっけ?」 「良いよ!」 「ウン!」 「ソウだね、良いね!」  月曜日。 ここは、 上品な静かなマンションギャラリー。 来場者のいない日には、事務所で、皆、 揃ってデスクワークをしている。 茉由は土日、仕事を休んだ。 今日は、久しぶりの職場で、 ここでの気分は今までとは、 違っているように、感じた。 でも、 未だ、変わらない、ヤツはいる。 茉由は、3人で決めた、とおりにする。 今も、目の前で、薄ら笑いをする高井に、 茉由は、ゆっくりと、微笑み返した。 ただ、それだけ。 「そうか...、」 高井の唇が、かすかに動いた。 まだ、茉由には、 分かっていないことがある。
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!