春になる日

1/6
53人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ
 カーテンの隙間から一筋の光がベッドに伸びていた。明るくなった部屋が朝を告げている。身じろぐと素肌にぬくもりが触れて、ふと、隣に視線を向けた。  すうすうと規則正しい寝息をたて気持ちよさそうに寝ている姿に、柚木(ゆずき)は目を細めた。逞しい腕が離すまいと腰に巻きついている。  そっと頬を撫でてみる。  まだハリがあり、はじけんばかりの肌は柚木のそれとはほんの少し違って、命の若さを表している。 「先生?」  ふいにかすれた声に呼ばれ引っ込めかけた手を掴まれる。 「おはよ」 「……おはよう」  まだ半分夢の中なのだろう。とろけるような視線をむけられ、柚木は落ち着きなく視線をさまよわせた。  こうやってベッドの中、互いに何もまとわない姿でいることに罪悪感さえ感じる。もう何も妨げるものはないというのに。  長年でしみついてしまったのだろう。悪いことをした気になるのは仕方がない。  柚木は教師で、安久津(あくつ)は教え子なのだから。 「先生、そんなに不安そうな顔しないでよ」  柚木のためらいに気がついたのか安久津は柔らかく笑い、ぎゅっと自らの腕の中に抱きしめた。たくましい胸板が柚木を包み込む。 「もう大丈夫だから、さ」  つい先日、安久津は卒業式を迎えた。  
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!