夜の子供

人工的な灯りを、どうしても好きになれなかった。

加藤

2分 (1,082文字)
夜中に歩いてる時、満面の笑みで歩きがち。前はサラリーマンにドン引きされた。

1 7

あらすじ

夜だった。 空気が濁り、チカチカと激しい光が星の輝きを奪い去る。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る